FC2ブログ

おたふく

ソースではありません。おたふくかぜです。

年末年始にハマヲファミリーを襲った「パンデミック・ワールド」を逃れられたと思ったら風邪をひいてしまい、その風邪が治らないなと思ったら、先日の三連休におたふくかぜをやっちゃいました。

あたしは小4のときにおたふくかぜを患ったはずなのですが、かかりが浅かったのか、あるいは子供がかかるおたふくかぜとは別の種類のおたふくかぜだったのか。

まあとにかく、耳の下側が腫れて痛かったので、めちゃ混みの休日診療に行ったら、おたふくかぜだったのですよ。

まさか、おたふくかぜとは思ってなかったので、痛い部分を自分で念入りに、涙目で揉みほぐしマッサージ。ムダに患部を刺激してしまった・・・。


「とうちゃん、マスクからほっぺたがはみ出してるで!」(なぜかちょっと楽しそうな大かあちゃん様)


揉みすぎで余計に腫れた?

にしても、大人のおたふくかぜは重症化すると言われているのに、大かあちゃん様にとってはそんなことはまるでどこふくかぜのおたふくかぜ。

実際、高熱はでたものの、すぐに下がったので大したこともなく良かったのですが、もうちょっと心配してくれてもいいのに・・・。

ということで、年末年始休暇は一度も光が丘に行けませんでした。次はいつ行けるのやら。



おしまい。








スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

パンデミックなわが家とスケートの抱負

あけましておめでとうございます!

2019年ですね〜。昔は「2000年」でさえ遠い未来のように感じていましたが、そこからさらに19年も経ってしまいました。鉄腕アトムが誕生したのが2003年の設定。アトムも今年16才ですよ。書きながら気づいたけど、はる、みはな、まゆはアトムと同い年ですね。はる、みはなの幼少期はある意味、アトムよりも破壊力があった気がするぞ・・・。

そんな2019年の幕開けですが、ハマヲ家ではとってもパンデミックな正月休みを過ごしております。年末にたまきがインフルエンザにかかったのを皮切りに、元日にはみずき、3日には大かあちゃん様が発症。

そしてとうとう今朝、慣れない家事疲れも重なってか、あたしも喉の痛さで目が覚め、慌てて病院に。でも検査結果はシロ。薬を飲んだらすぐに喉の痛みは治りました。

聞けば、ゆきなちゃん&がくくんファミリーも同じような発症の仕方だそうで。今のところかかってないのは がくくん。あたしと一緒だね。お互いこのままかからないことを祈ってます。


では、スケートの話を。看病や家事をしながらも、ちゃんと元日から4日間、プライベートレーンで滑りましたよ。さすがに喉が痛かった今日はやめときましたが。

あたしのスケート人生を振り返り、初心に帰るために超・久しぶりに、あたしの光が丘カップ2009ルーチン「ケイトルーチン・改」をやってみました。

今から10年前、このルーチンを必死こいて練習してた頃は、最後の決め技であるBスピンから素早くバッククロスにつなげるところがどうしてもできなくて、何度も何度も何度も何度も何(以下略)練習して、転んで、股関節と足首痛めて、半年かけてやっと習得したのですが、今改めてやってみると、まあすんなりできてしまう。当たり前ですけどね。

Bスピンから素早くバッククロスに入れるこの技は、昔、でんじゃらたちにも伝授したのですが、それは見事に、みんなあっさりとマスターしました。中でもあいりちゃんは、あたしがやるオリジナルよりもスピードがあってキレが良かった。

ちょっとそれを思い出したので、あたしもスピードアップしてやってみました。見事にパイロンキック。(笑)
そのまま1時間ほどしつこく練習し、でんじゃらたちほどではないにしても、それなりにスピードアップできたかな。早く光が丘の路面で試したいものです。

さて、ちょっと嬉しかったことは、久しぶりのプライベートレーンでしたが、公園を散歩しているおじいさん、おばあさんたちがみんなあたしのことを覚えていて、声をかけてくれたこと。

“日頃からこの場所で滑っている人がいる” というイメージがまだ定着しているうちに、プライベートレーン通いを復活させないと・・・。

ということで、昨年はスケートをかなり犠牲にしてしまいましたが、今年は(昨年よりは)スケート熱を復活させたいです!

明日体調がよければ光が丘に行きます。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします!





テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

だから来年も・・・

今年はいろいろあってスケートからずいぶん遠のいた。

今まで滑ってたのに、急に滑んなくなるってのはホント避けた方がいい。取り戻せないくらい体力が落ち、スケーティングスキルも著しく低下する。

そんなに苦じゃなかった光が丘通いも、今じゃあ往復5時間の電車がつらい。こんなのよく10年間も続けたな。

しかし、思ったほど滑るモチベーションは下がってない。

それはやはり仲間がいるからなのだろう。大和くんは帰ってきたし、堀江パパのようなあたしの全盛期を遙かに超えるSBが現れるし、永井さんのようなファミリーにも会えるし、アンドリューは相変わらず半袖だし(?)、ともくんは今や光が丘のエースとして滑り続けているし、りんちゃん・堀江ママ・マコっちゃんの上達ぶりが異常だし、がくくん&ゆきなちゃんは なぜかすごくなついてくれるし、みはな はまだギター続いてるし、アンちゃんは相変わらず ぎゅっ てしてくれるし・・・。
これだけ幅広い年齢層の仲間がいる世界もめずらしい。

だから来年もなるべく光が丘に行こうと思う。

みなさん、どうぞ良いお年を!







テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2018 その4

5.ダンスパフォーマンス

今年は6チーム。

SIJC。今年も出場! 最初は2名からの最後は大勢。あたしは事前に昨年のSIJCの動画を見ていたので、その上達ぶり、感動しました。なるべく多くのスケーターにSIJCを紹介しようといろいろMCとしてしゃべりましたが、伝えたいことが伝えられなかった。特に上達ぶりについてのコメントや、みんなのお名前を読み上げられなかったのがMCとしての反省点。時間圧しててテンパってたので・・・。

まじょるか。かわいいっすね~。紹介文を見る限り、小さかったときの でんじゃら を思い出します。「言うこと聞かない」、「練習サボる」ですか~。(笑)
しかし、本番ではキチッと決めてくる。そこもでんじゃらっぽい。ちっちゃい子があれだけキレッキレにダンスすると、見てて気持ちがいいですね。来年も出てほしい。

るる。今年も参加。実は2015年からの出場なので、何気にベテラン。去年は4年生でしたが、1年で随分お姉さんになってた。去年の動画と比べても、動きがダイナミックになって迫力が増していたように感じました。あ、どっちがルイちゃんでどっちがルナちゃんか、あたしは本当に当てるつもりだったのですよ。ガチでわかりませんでした!

M&A。師匠と教え子のダンスとのことですが、そういうのっていいですね~。あすたーさんのダンス、久しぶりに見た。当然ですが、やっぱめちゃかっこいいですね。あすたーさんと言えば、あたし的には2010年の「Wild Cherry(ワイルド チェリー)」の印象が強くて、今回も、子供と大人の身長差ペアとして出場するのかなと思っていましたが、お相手は福祉村OBのみゆちゃん。OBとのことですが、ダンス自体は続けていたのでしょうかねぇ。めっちゃかっこよかったから。ひょっとして、元・「POP CANDY(ポップキャンディー)」?
それを確認したかったのですが、当日は時間が圧しててテンパってたので聞けませんでした・・・。

CRAZY GALs SQUAD(クレイジー ギャルズ スクワッド)。ずいぶん昔から参加してくれていると思ってましたが、実際には2016年から参加。あらためて出場記録を見てビックリしたのです。堂々としたダンスだから、大御所感が出ているものですから・・・。やっぱ見ててかっこいいですね。なお、この子たちはフェスタ会場でハマヲを見かけたら、いつも「よろしくお願いします!」って挨拶してくれます。ホント、いい子たちだ~。

R.P.G。会場を「盆踊り的」な場にしたいと、あのUSAの振り付けでスケーターを巻き込む。ショー的な演出とイベント企画的な場作り。これは楽しい!
もっと事前に打合せできていれば、タカさんの理想的な演出を引き立てられたのに・・・。すみませんでした!
最後の飲み会にもR.P.Gのみなさんは参加してくださり、熱い想いを聞かせていただきました。あたしも来年はもっと上手く、みなさんの意図を汲み取りますので、これに懲りずに来年も会場を巻き込んで盛り上げてください!!


6.スラロームリレー

チーム「大和のやる気」。そりゃ、優勝するやろ・・・。あ、ハマヲはfranceファミリーとチームを組みました。ミチくんと一緒のチームで滑れて、いい思い出になったよ!
ちなみにハマヲは、知らないところで もなちゃんにフラれたようです。(笑)
もなちゃん、意外とあたしは失敗したことないし、昨年の準優勝チームメンバーだよ! ホント、失礼しちゃうわね~。

***

ということで、このように今年もMCを担当しました~。ハマヲの本業はコンサルと講師なので、喋ることやディスカッションを盛り上げることは仕事の範疇なのですが、その場を状況に応じてショー的に盛り上げなければならない「MC」という役回りは、ホントはあんまり得意ではないのです。

しかし、あたしがやれる「MC」ってどんなMCか?それを考えて毎回、試行錯誤しています。

あたしのポリシーは、「せっかく参加してくれた選手をきちんと光らせてあげたい」ということ。過去のデュアルの記録を読み上げるのも、決勝に残ったデュアルの選手に一言コメントをもらうようにしたのも、ダンス出場者から提出された紹介文に何らかの追加情報を準備して話しているのも、その思いから。

でも、それが選手を光らせることになっているのか、正直よくわからんのです。

それに、「R.P.G」のように出場者が「こんな演出をしたい」と事前に言ってきてくれても、MCとして上手く引き出せないことも度々。ホント申し訳なさすぎ。ケイトくんのジャンプ、見てもらいたかったです。


やっぱMC向いてないや・・・。(凹)


でも、あたしなんかでよければ、これからもやりますよ!

ただ、言っときますが、これ以上のことはできませんがね。あたしがやるならこのレベルでご勘弁ください。

ではまた来年、インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2019でお会いしましょう!!



おしまい。










テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2018 その3

4.フリースタイルスラローム

光が丘メンバーのことが中心となりますが、感想だけ。

りんちゃんが みはな&もな と一緒にシンクロしている姿、感慨深く見ていました。あの みはな&もな が、すごくお姉さんに見えたし、りんちゃんの上達ぶりは感動ものでした。

SIJCのみなさん。どんどん人前で滑ってくださいね~。ハマヲはまるで毎年の成長を見守る親戚のおじさんのような目で見ておりましたよ。

suprincessのみなさん、あたしの勘違いで案内が混乱し、すみませんでした。事前の打ち合わせでは、りんちゃんたちの次にあたし&みはなが滑るという風になっていると思ってたので。suprincessの滑り、圧巻でしたね。

黒猫のジジ、よくがんばった! 最後まであきらめずにトンボを説得! キミはできるネコだった!

渋川ファミリー。エレキング、キングジョー・・・あとなんだっけ? ママの手作りだそうです。クオリティ高ぇ!

ケイトくんの、あのミニオンの被り物は、ドンキで買ったそうです。フェスタのフリースタイルに命をかけてる感じがする。個人的には馬の怯える表情はかなりツボでした。

ミニ悟空、どっちかと言えば悟飯っぽかった。かわいかったですね。来年は大和くんとコラボしてほしいな。

その大和くん、相馬さんのスケート靴を振り回す。最後、ぶん投げてなかった?!

さらに大和くんとケイトくんはシュールすぎてあえて突っ込まないことにする。もう、み○ず学苑のコマーシャル並みだ。この二人はフェスタ前日の試行錯誤からすでにおもしろい。一度、フェスタ前の光が丘にそれを見に来てほしい。

加藤くんは、光が丘カップに出られなかった無念をフェスタで晴らしました。ベストテクニカル賞!商品はフリスビー!!って、なんでやねん。(笑)

ハマヲ&みはなの初ペア。「國枝家・父に捧ぐ!」(笑)
地酒祭りで人が多そうだからマイクのスイッチはOFF。ギター弾いて唄って、ただ滑るだけ。モンパチの「小さな恋のうた」を短いバージョンで。トレノさんも援護射撃で唄ってくれました。
朝練習したのにコードめっちゃ間違えたけど、ハマヲ的には、わが娘のような みはな と一緒に参加できて大満足。akira☆さんが「歌うまいね~」と褒めてくれたのが嬉しかったです。



つづく。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード