FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2018 その4

5.ダンスパフォーマンス

今年は6チーム。

SIJC。今年も出場! 最初は2名からの最後は大勢。あたしは事前に昨年のSIJCの動画を見ていたので、その上達ぶり、感動しました。なるべく多くのスケーターにSIJCを紹介しようといろいろMCとしてしゃべりましたが、伝えたいことが伝えられなかった。特に上達ぶりについてのコメントや、みんなのお名前を読み上げられなかったのがMCとしての反省点。時間圧しててテンパってたので・・・。

まじょるか。かわいいっすね~。紹介文を見る限り、小さかったときの でんじゃら を思い出します。「言うこと聞かない」、「練習サボる」ですか~。(笑)
しかし、本番ではキチッと決めてくる。そこもでんじゃらっぽい。ちっちゃい子があれだけキレッキレにダンスすると、見てて気持ちがいいですね。来年も出てほしい。

るる。今年も参加。実は2015年からの出場なので、何気にベテラン。去年は4年生でしたが、1年で随分お姉さんになってた。去年の動画と比べても、動きがダイナミックになって迫力が増していたように感じました。あ、どっちがルイちゃんでどっちがルナちゃんか、あたしは本当に当てるつもりだったのですよ。ガチでわかりませんでした!

M&A。師匠と教え子のダンスとのことですが、そういうのっていいですね~。あすたーさんのダンス、久しぶりに見た。当然ですが、やっぱめちゃかっこいいですね。あすたーさんと言えば、あたし的には2010年の「Wild Cherry(ワイルド チェリー)」の印象が強くて、今回も、子供と大人の身長差ペアとして出場するのかなと思っていましたが、お相手は福祉村OBのみゆちゃん。OBとのことですが、ダンス自体は続けていたのでしょうかねぇ。めっちゃかっこよかったから。ひょっとして、元・「POP CANDY(ポップキャンディー)」?
それを確認したかったのですが、当日は時間が圧しててテンパってたので聞けませんでした・・・。

CRAZY GALs SQUAD(クレイジー ギャルズ スクワッド)。ずいぶん昔から参加してくれていると思ってましたが、実際には2016年から参加。あらためて出場記録を見てビックリしたのです。堂々としたダンスだから、大御所感が出ているものですから・・・。やっぱ見ててかっこいいですね。なお、この子たちはフェスタ会場でハマヲを見かけたら、いつも「よろしくお願いします!」って挨拶してくれます。ホント、いい子たちだ~。

R.P.G。会場を「盆踊り的」な場にしたいと、あのUSAの振り付けでスケーターを巻き込む。ショー的な演出とイベント企画的な場作り。これは楽しい!
もっと事前に打合せできていれば、タカさんの理想的な演出を引き立てられたのに・・・。すみませんでした!
最後の飲み会にもR.P.Gのみなさんは参加してくださり、熱い想いを聞かせていただきました。あたしも来年はもっと上手く、みなさんの意図を汲み取りますので、これに懲りずに来年も会場を巻き込んで盛り上げてください!!


6.スラロームリレー

チーム「大和のやる気」。そりゃ、優勝するやろ・・・。あ、ハマヲはfranceファミリーとチームを組みました。ミチくんと一緒のチームで滑れて、いい思い出になったよ!
ちなみにハマヲは、知らないところで もなちゃんにフラれたようです。(笑)
もなちゃん、意外とあたしは失敗したことないし、昨年の準優勝チームメンバーだよ! ホント、失礼しちゃうわね~。

***

ということで、このように今年もMCを担当しました~。ハマヲの本業はコンサルと講師なので、喋ることやディスカッションを盛り上げることは仕事の範疇なのですが、その場を状況に応じてショー的に盛り上げなければならない「MC」という役回りは、ホントはあんまり得意ではないのです。

しかし、あたしがやれる「MC」ってどんなMCか?それを考えて毎回、試行錯誤しています。

あたしのポリシーは、「せっかく参加してくれた選手をきちんと光らせてあげたい」ということ。過去のデュアルの記録を読み上げるのも、決勝に残ったデュアルの選手に一言コメントをもらうようにしたのも、ダンス出場者から提出された紹介文に何らかの追加情報を準備して話しているのも、その思いから。

でも、それが選手を光らせることになっているのか、正直よくわからんのです。

それに、「R.P.G」のように出場者が「こんな演出をしたい」と事前に言ってきてくれても、MCとして上手く引き出せないことも度々。ホント申し訳なさすぎ。ケイトくんのジャンプ、見てもらいたかったです。


やっぱMC向いてないや・・・。(凹)


でも、あたしなんかでよければ、これからもやりますよ!

ただ、言っときますが、これ以上のことはできませんがね。あたしがやるならこのレベルでご勘弁ください。

ではまた来年、インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2019でお会いしましょう!!



おしまい。










スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2018 その3

4.フリースタイルスラローム

光が丘メンバーのことが中心となりますが、感想だけ。

りんちゃんが みはな&もな と一緒にシンクロしている姿、感慨深く見ていました。あの みはな&もな が、すごくお姉さんに見えたし、りんちゃんの上達ぶりは感動ものでした。

SIJCのみなさん。どんどん人前で滑ってくださいね~。ハマヲはまるで毎年の成長を見守る親戚のおじさんのような目で見ておりましたよ。

suprincessのみなさん、あたしの勘違いで案内が混乱し、すみませんでした。事前の打ち合わせでは、りんちゃんたちの次にあたし&みはなが滑るという風になっていると思ってたので。suprincessの滑り、圧巻でしたね。

黒猫のジジ、よくがんばった! 最後まであきらめずにトンボを説得! キミはできるネコだった!

渋川ファミリー。エレキング、キングジョー・・・あとなんだっけ? ママの手作りだそうです。クオリティ高ぇ!

ケイトくんの、あのミニオンの被り物は、ドンキで買ったそうです。フェスタのフリースタイルに命をかけてる感じがする。個人的には馬の怯える表情はかなりツボでした。

ミニ悟空、どっちかと言えば悟飯っぽかった。かわいかったですね。来年は大和くんとコラボしてほしいな。

その大和くん、相馬さんのスケート靴を振り回す。最後、ぶん投げてなかった?!

さらに大和くんとケイトくんはシュールすぎてあえて突っ込まないことにする。もう、み○ず学苑のコマーシャル並みだ。この二人はフェスタ前日の試行錯誤からすでにおもしろい。一度、フェスタ前の光が丘にそれを見に来てほしい。

加藤くんは、光が丘カップに出られなかった無念をフェスタで晴らしました。ベストテクニカル賞!商品はフリスビー!!って、なんでやねん。(笑)

ハマヲ&みはなの初ペア。「國枝家・父に捧ぐ!」(笑)
地酒祭りで人が多そうだからマイクのスイッチはOFF。ギター弾いて唄って、ただ滑るだけ。モンパチの「小さな恋のうた」を短いバージョンで。トレノさんも援護射撃で唄ってくれました。
朝練習したのにコードめっちゃ間違えたけど、ハマヲ的には、わが娘のような みはな と一緒に参加できて大満足。akira☆さんが「歌うまいね~」と褒めてくれたのが嬉しかったです。



つづく。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2018 その2

2.デュアル本戦

ここで選手のみなさんにインタビュー。なんか、競技を粛々と進行するのもな~と思ったので、勝ち残った本戦出場者には1回戦で一言もらうようにしているのです。

今回、同じ公園対決が多かったですね。そして、過去にも対戦したことがあるという組み合わせも多かった。また、レジェンドスケーターのりゅーしょーさんは今年50代最後のデュアルレース出場とのことで、会場が盛り上がりましたね。インタビューすると、はじめてわかること。進行上、時間はかかるかもしれないが、あたしがMCやる間は続けますよ。

ケイトくん、ゆうたくんの直接対決は、まるでプロレスのような、ショー的な演出でしたね。ゆうたくんの挑発にケイトくんがのり、バッククロス対決。
こちらもデュアルレースを大いに盛り上げてくれました。

実は、これを仕込んだと思われる黒幕がいたのです!ケイトくん vs ゆうたくんの対戦時、2回戦目なのでインタビューなしで行こうとするMCハマヲの耳に、怪しげな囁きが・・・。


「ケイトとゆうたにマイクを渡すがよい・・・さらば会場は熱気に包まれん。」(謎の天の声)


はっ、何だ?今の囁きは!

わけがわからず二人にマイクを渡すとあの演出!


すごい・・・会場が盛り上がったぞ。あれは ”MCの神” の声だったのか・・・?

あ、なしをさんです、はい。いつの間にかいなくなってました。(笑)


3.パイロンアタック

いつもフェスタ後の数日は、あの曲がぐるぐる回ります。すげ~破壊力だ。(笑)
優勝候補のケイトくんが決勝に残れないのも、この競技の難しいところ。
最後は巴戦になり、なにげに優勝候補のもなちゃんを破ってクワッドの人が優勝!あの人すごいな・・・。


つづく。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

インラインスケートフェスティバル in 光が丘 2018 その1

2018年10月28日。

第18回 インラインスケートフェスティバル in 光が丘。

第18回ですよ。相馬さんのあいさつの言葉を借りるなら、満17才。でんじゃらたちが生まれる前からやってんだな~。

あたしは第8回からの参加。あのときは朝、雨が降ってみんなでコースに新聞を敷き詰めて水分を吸い取ったな。懐かしい・・・。今回はそんな天気の心配や苦労は無し。

あたしは今年は出られない、と半分諦めてたのですが、いろいろあって参加可能に。そして今年もMC担当。


0.当日朝

味方監督と6時30分に約束。寝坊して15分遅刻する。すみません。江島さんちがとっても快適だったもので・・・。江島ファミリーのみなさん、いつも本当にありがとうございます。

公園で、ちょっとだけギターコードの確認。何も見ずに弾けるまでになったけど、本番はどうだろ?その話はのちほど・・・。

そのあとすぐに設営。もうみんな職人並だ。


1.デュアル予選~開会式

今回は体感上、昨年よりも参加者が多い気がする。2レーン使っての計測って、ここ数年はなかったかも。

今年も新記録は出ず。しかし、シニアクラスではfranceさんが5秒14をマーク! 過去最高は、りゅーしょーさんの5秒13。前も書いたが、あのfranceさんがシニアクラスに行っても、まだりゅーしょーさんが記録保持者ってことが、りゅーしょーさんのレジェンドスケーターぶりを物語っている。

ケイトくんはただ一人の4秒台で、4秒74をマーク!残念ながら彼が持つ4秒65という記録には及ばなかったが、まだまだ絶対王者。ケイトくんを破る可能性があるのは翔くんぐらいかと思っていたが、個人的には ともくん と ムコウジマ選手に期待している。

相馬さんはデュアルのとき、いつも照れくさそうになんか喋ってから滑る。イジりがいがある。(笑)

人が少なくなり、1レーンでの計測に絞ったとき、もなちゃんから「りんちゃんと一緒に滑りたいから2レーンで計ってほしい」とリクエスト。こういうリクエストは初めてだ。でもそういうのはアリだよ。楽しんでほしいから。もなちゃんもお姉ちゃんになったな。りんちゃんを大事にしているのがわかる。

そして開会式。毎回のことなので、特に問題もなく進行したつもりだけど、MCなのに自己紹介忘れた・・・。ま、「だれ?」って雰囲気もなかったし、誰も気にしてなさそうだから問題なし!


つづく。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

今年も無事に光が丘フェスティバルが開催されました。

今年も無事に光が丘フェスティバルが開催されました。
あたしは今年もMCやりました。
いろいろ反省点はありますが、フェスタが続く限り、背伸びせずにこれからも細く長く関わっていくつもりです。
感想レベルですが、ちょっと落ち着いたら執筆しようと思ってます。
しばしお時間くださいませ~。

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。