だまされた

光が丘公園の管理事務所前に、ここんとこずっと、なにやら看板が出ています。


20170317163206b4c.jpg


よく、カフェかなにかの店の前に出ているメニューのようです。お店始めたのかな・・・?

絵の感じからしたら、カレーかパスタっぽいな。

いつもはIMAでおにぎりを買って行くハマヲ、たまにはカレーかパスタでもいいかな、と思い、今度食べに行くためにメニューを見ようと思ったら、


201703171632069b7.jpg


・・・だまされた。


おしまい。






スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

ムダに夜ふかし

かあちゃんへのホワイトデーはいつも、ゴデ○バで買うハマヲ。理由は、有名なチョコレートのお店を他に知らないからです。

まあ、あたしは、有名なブランド = ルイヴ○トン くらいしか知らない程度の おやじ ですから・・・。

ところで、ホワイトデー限定商品って、なんで量が少ないのに高いのでしょうねぇ。そこであたしはいつも、おしゃれなホワイトデー限定商品ではなく、いつもお店に置いてあるレギュラー商品の、クッキーとチョコレートがたくさん入っているやつを買うのです。お店の見本としては、「内祝」と書かれていました。(笑)

で、13日の夜、かあちゃんが眠ってから枕元に置こうと、かあちゃんが寝室に入るのを待っていました。しかし、いつもはあたしよりも早くに就寝するのに、その日に限ってなかなか就寝しません。

実は最近、あたしは夜、眠くて眠くて仕方ないので、ゴディバを置いたらあたしもすぐに就寝しようと思ってたのです。

かあちゃんの家事が終わって、さあ寝るかな? と思ったら、また別の家事。あ、もちろんあたしも多少手伝ってますよ~。それでもなかなか、かあちゃんの家事は終わりません。働き者だなぁ。だから、遊び呆けているあたしはかあちゃんに頭が上がらないのです。


「まことの鬼は、曲がったことをせぬから恐ろしいのだ」


という、コミック版「陰陽師」に出てきたセリフを思い出します。


そして0時過ぎ、やっと寝室に入っていったかあちゃん。ふとんに入ってから、かあちゃんが眠りにつくのは一瞬です。
ゴデ○バをカバンから取り出し準備するハマヲ。あぁ、これであたしも眠れるぞ・・・。

と思ったら、何かすることを忘れていたらしく、また寝室から出てきました。あぶねぇ、ゴデ○バの箱を見られるとこだったぜ。

そんなこんなで、やっとかあちゃんの枕元にゴデ○バを置くことができ、当初予定していた就寝時間より1時間半ほど遅れて、あたしも眠りにつくことができました。


***


翌朝、枕元を見たかあちゃん。


「あ、ゴデ○バや。とうちゃん、ありがとう。」(かあちゃん)

「かあちゃんが喜ぶかなと思って。・・・」(ハマヲ)

「うん、大事に食べるわ。」(かあちゃん)


そのあと、かあちゃんは子供に見つからないよう、ゴデ○バをかあちゃんの「秘密のお菓子入れ」に隠していました。(笑)


「ところで、とうちゃん。」(かあちゃん)

「なんでしょ?」(ハマヲ)

「・・・ホワイトデーはサンタさんと関係ないからな。」(かあちゃん)



・・・あ、そうか。



なんか、プレゼントは枕元に置くものだと無意識に思っていましたが、そんなことすんのって、クリスマスプレゼントくらいだよな。

てなわけで、ムダに夜ふかししたハマヲは、今日、寝不足でフラフラになって会社に行きましたとさ。



おしまい。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

池袋は危険な街

2017年2月11日(土)。


みずきがポケモンセンターに行きたいと言うので、池袋に寄ってから光が丘へ。

光が丘の前に、ついでに楽器屋さんでエレキギターの試奏。池袋は、御茶ノ水ほどではないけど楽器屋さんがいっぱい。相馬さんも みはな も、池袋でギターを買ったのです。

さて、あたしはレスポールのデザインに惚れ込んでまして 、「いつかはギブソンレスポール」なんて思ってたのです。しかし、エレキギターは未経験だし、そもそもお金もないので、まずは安いので練習して上手くなったらレスポールを買おうと思っていました。

その日のお目当ては、PRS(ギブソン、フェンダーと並ぶ、とっても有名なエレキギターメーカー)の廉価版。弾いてびっくり、あまりにも弾きやすいので、もうこれにしようかな~と思っちゃいました。

すると、店員さんが奥から憧れのギブソンレスポールを持ってきて「これ試してみてください。」とのこと。う~ん、レスポールはあたしのような未熟者にはまだ早いんだけどな。で、弾いてみると・・・


あか~んっ! 買うてまうやろ、これ~っ!!


いつの間にか、無意識のうちに値引き交渉しているハマヲ。(笑)


「これ、○十万円にしていただけるなら即決しますよ!」(正気を失っているハマヲ)


いやいやいや、本来なら○十万円にしてくれたって、はるかに予算オーバーですよ。だって買おうと思ってたPRSの廉価版は約8万円ですから。

幸か不幸か、○十万円にはしてもらえなかったので、なんとか思いとどまりました。いや~、池袋はなんて危険な街なんだ・・・。

しかし、夢だったレスポールに触れると、やはり欲しくなるのは必然。平日にフレックス退社を使って御茶ノ水に行ったり、お客様訪問のついでに新宿の楽器店に寄ったり。

何本もギブソンレスポールに触れていると、同じモデルのレスポールでも、若干の違いがあるのがわかるようになってきました。
例えば、2017年モデルはジャキジャキする音。2016年モデルはもうちょっと丸い音。あたしの好みは2016年モデル。
そして同じ2016年モデルでも、低音がハッキリしている個体もあれば、中高音がハッキリしている個体もある。

色々さわると、逆に段々と冷静さを取り戻していきました。熱が覚めたのではなく、「ギブソンレスポールがほしい!」から「自分の好みの音に近いレスポールがほしい!」に変わっていった感じ。

ならば 、急いで買う必要はない。気に入った音のレスポールに出逢うまで待とう。


「かあちゃん、ギブソンレスポールは多分、すぐには買わん。」(ハマヲ)

「ほんまかいな。」(かあちゃん)

「うん。ほんま。」(ハマヲ)

「結婚相手を選ぶときは、じっくりお付き合いして、よく考えて、その人と一生添い遂げられるかを考えてからにしなはれ。」(かあちゃん)

「当然や。一目惚れだけでは相手を選ばん。」(ハマヲ)

あたしがもし、一目惚れで相手を選ぶタイプなら、かあちゃんを選ぶわけなかろう、という言葉を口に出しかけて思いとどまりました。


***


そして次の週の2月18日(土)、気がつけば午前中から池袋に。11時の開店と同時にK楽器店へ。レスポールコーナーへ行くと・・・うをぉっ! 60周年記念かなんかで安くなってるやん!

で、壁に掛かっていた、あるレスポールに目が釘付け。まず、ボディーの木目がカッコいい。そして試奏してみました。低音がハッキリしている音は、クラシックギターをやっていたハマヲ好み。さらに値段も、他店の実売価格よりも約3万円安い。

これはもう、一目惚れの一耳惚れ。さらに値段にも一目惚れ。(笑)

でも、頭に浮かぶこの言葉・・・


「結婚相手を選ぶときは、じっくりお付き合いして、よく考えて、その人と一生添い遂げられるかを考えてからにしなはれ。」(かあちゃん)


そうは言ってもなあぁ・・・。

そして11時~15時までの4時間、ずっとそのお店に居座ったハマヲ。何度も試奏したり、店員さんにも弾いてもらったり、壁にかけて木目をいろんな角度から見つめたり・・・。かなり迷惑な客だったのではないだろうか。


「いえいえ、高い買い物ですからじっくり選んでください。」(店員さん)


いや、まだ買うかどうか・・・。


一目惚れでは相手を選ばないはずが、どんどんそのレスポールに惚れ込んでゆく。実は他にもう一本、候補のレスポールがあったのですが、その方が見た目きれいなのに、私が惚れ込んだそのレスポールの若干クセがある木目がよく思えてならないのです。「恋は盲目」、「あばたもえくぼ」とはよくいったものです。

しかし、4時間悩んでも踏ん切りがつかない。そしたら店員さんが、どんどん値引き案を提案。いつもは交渉術の講師でもあるハマヲから値引き交渉するのですが、それも忘れて真剣に悩んでいました。

そして気づいたら、ギター&アンプ&シールド&ストラップ込みで、破格の値段に(笑)。あたしからは一切交渉せずに、これだけ値引きしてもらったのは初めて。


「・・・買います。」(ハマヲ)


***


家に帰って、かあちゃんにどう言おう・・・。

まあ、かあちゃんは自分のお小遣いで買うなら文句は言わない人。でも、いくら破格にしてもらったとはいえ、高額商品だからなぁ。ダメ元で少し家計から出してもらえるか頼んでみようかな。


「ただいま~。」(ハマヲ)

「買うたな。」(かあちゃん)


ぎくぅっ!!


「結婚相手を選ぶときは、じっくりお付き合いして、よく考えて、その人と一生添い遂げられるかを考えてからにしなはれと、あれほど言うたやろ!」(かあちゃん)


家計から少し出して、とは言えませんでした。

仕方ない、最近弾いてないクラシックギターを売るか。一応、定価30万円。10万円弱にはなるだろう。

ケースから出して、きれいに拭き、一曲弾くと・・・


ダメだ、売れない!


喜んでクラシックギターを弾いていた日々が、相馬灯のように頭をめぐるのです。「一瞬でも売ろうとしたあたしを許しておくれ~。」と涙するハマヲ。


「クラシックギターを売ってしまったら、もう二度と買うことはないやろうから、やめとき。」(かあちゃん)


そうだな。楽器は売るのやめよう・・・。てなわけで、K楽器店の無利子24回ローンで買うことに。

そしたら、その月のお小遣い日、かあちゃんがいつもより多目にお小遣いをくれました。なんていい人だ~(涙)


「その代わり、しばらくは高い買い物は厳禁や!」(かあちゃん)


はいっ!

かあちゃんの言うことをこんなに素直に聞こうと思ったのは初めてかもしれないハマヲなのでした。

このわずか2年間で、電子ドラム買って、スケート買って、レスポール買って・・・確実にこれは「相馬病」ですよ。


20170311215427831.jpg



おしまい。







テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

2月4日の光が丘 その1 滑らない編

2017年2月4日(土)。


めずらしく みはな が早くやって来た。なので青空ギター教室の1時限目は みはな。もう みはな は、それなりにギターを弾けるようになったので、みはママが以前に言った通り「ビシビシ鍛えて」あげることに。その日は「音楽に合わせて演奏する」練習。

「マトリョシカ」や「SUN」、「前前前世」など、みはながもう余裕で弾ける曲をBluetoothスピーカーで鳴らす。それに合わせて演奏させると・・・できないでしょ(ニヤ)。

オリジナルテンポではコードチェンジが間に合わない。でもテンポを遅くすると、今度は速く弾きすぎてしまう(ニヤ)。ゆっくりでも速くでもテンポに合わせて弾けること。この練習は次回もやるよ!



はる がやって来たので、青空ギター教室の2時限目。はる も、音楽に合わせて演奏する特訓。ほら、できないでしょ(ニヤ)。

そのあとは「ストーカーの唄」。ハマヲのトラウマソング(笑)。コード譜を作っていくと、思った以上に はるは喜んでくれた。


「この曲を弾きたいから、ギターやってるんだよ!」(ハイテンション気味のはる)


そうか、それは作ってきた甲斐があったよ。ちなみに、みはなは「ベルセルク」を弾きたいからギターを始めたとのこと。あたしは、「PIANO MAN」を弾きたいからギターを始めた。

そういう目標があると、ギターは長く続く。でも、

「君を知らぬ間に殺しちゃった」り、
「明日も見えずに気がふれてガソリン撒い」たり、
「職員室の連絡網盗んで知った番号にかけるのはこれで63回目」だったり、
「貴方のお部屋の電気がつくのは午後8時」だったり。

「ベルセルク」も「ストーカーの唄」も、中1の女の子が好んで歌う唄としてはどうかと思うのだが・・・(笑)。



久しぶりに もなちゃん来園。体調不良などで一か月ぶりの光が丘らしい。青空ギター教室の2時限目に編入。

相馬さんのベビーテイラーで、「ねぶ~えぶ~」の練習。コードの押さえ方を忘れてるようだけど、ちょっと教えたらすぐに思い出した。

にしてもあの歌は、ツンデレ系でちょっとおしゃまさんな もなちゃんによく似合うと思うのはあたしだけだろうか。

そのあと、「SUN」も練習。そもそも「SUN」は もなちゃんリクエストだからねぇ。そのあと帰りの車のなかで、ちゃんとギターを練習していたらしい。なんか嬉しいね~。相馬さんもギターを貸した甲斐があったのではないだろうか。


201702081527274c6.jpg
20170208152727fc2.jpg


写真:もなママ



そのあと、アンドリュー登場。あたしがもなちゃんに「ねぶ~えぶ~」を教えるとき、歌いながらやっているので、もなママは「本物の英語の歌を聴きたい。」と、アンドリューにリクエスト。悪かったですね、ニセものでっ!!(笑)


20170208152727c25.jpg

写真:もなママ


あたしはアンドリューに、あたしのニセもの度合い(笑)をチェック依頼。「ねぶ~えぶ~」は何ヵ所かダメ出しを食らったが、カントリーロードはほぼOK!
でも、「road」の「r」発音で気を抜いてしまい、やっぱダメ出し。「Drivin’ down the road I get a feelin’That I should have been home yesterday, yesterday」の「the road」って、言いにくくね?
「th」で舌を噛んだあと、すぐに「r」で舌を引っ込めるんだよ?



あ、スケートブログなのに、スケートのこと書いてない・・・。ということで、次回はまじめにスケートネタです。



つづく。







テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

預かった子犬のように・・・

ば~ん!


20161220182339a1f.jpg


「うをぉっ! ハマヲさんったら、マーチンD-18買ったの?」


ふっふっふっ・・・騙されましたね、そこのあなた。これは「Tokai CE400CF Cat's eyes」いう、マーチンD-18のレプリカモデル。

実は、あたしのではなく、みずきの友だちのYちゃん(小4女子)のものです。みずきにギターを教えたら、みずきがYちゃんにそれを自慢(?)したらしく、Yちゃんもやりたい!ってことになって、Yちゃんの ばあば の家に眠っていたこのギターをもらったそうなのです。


「Yちゃんのギター、弦が切れてるから、とうちゃんに張り替えてもらおうと思って今預かってるねん。やったげて。」(大かあちゃん様)


あいよ ってんで、ケースを開けてびっくり。


「うをぉっ! D-18かよっ!!」(騙されたハマヲ)


でもヘッドのロゴが違うので、すぐにわかったのですがね。


20161220182339043.jpg


いや~マジで焦った。だって、「ギターやりたいって言った孫にマーチンを買い与える じいじ・ばあば」って、本当にいそうだもん。

あ、ちなみに はる も「ばあば にギター買ってもらった!」と、そのギターの写真をあたしに送ってくれたとき、見てびっくり仰天! ラベルには「otto vowinkel」という手工ギターの名が・・・。

きゃあ~っ!

まともに買えば、数十万円ですよ! と、ひとりで焦ってたら、ハル曰く、ばあば は「○万円で買った」らしい。

え? どゆこと?!

実はその後、実物を見て納得。ミニサイズギターだったのです。いや~びっくり。だって、「ギターやりたいって言った孫に手工ギターを買い与える じいじ・ばあば」って、本当にいそうだもん。


さてこのギター、レプリカだからってバカにできない名器らしい。某国のパチもんと違って、材質も結構いいのを使ってるし、造りも丁寧。何より、音が結構いいそうだ。

ただ、このギターは長らく放置されていたためか、ネックが順反り気味で、しかもブリッジ周りの表板が盛り上がってしまってる。弦高が第6弦12フレットで5.5mmと、弾きづらいったらありゃしない。

よし、乗りかかった船だ!ってんで、Yちゃんのママに、あたしでよかったら修理するよって提案。まあ、プロじゃないからできる範囲でですが・・・。

トラスロッドを回し、サドルも調整。弦高を下げられるだけ下げてみた。それでも3.5mmとまだ高め。これ以上はプロの領域だ。あたしじゃ無理。しかし、これで格段に弾きやすくなったはずだぞ!

本来なら、弦はミディアムゲージを張りたいところだけど、Yちゃんがコードを押さえづらくなるだろうから、エクストラ・ライトゲージに。

それから、長年の放置で表面がくすんでいる。フロスで磨こう。そしたらフロスが真っ黒に・・・。うわぁ、ケースに しまいっぱ でも、こんなに汚れんだなぁ。

磨いていてわかったのですが、そんなに弾かれていないので、傷があまりついていない。いい感じでピカピカに!

よし、試し弾きといくか!

じゃら~んと無造作にコードを鳴らしてみる・・・うん、まだ弦高が高めのため多少弾きづらいけど、噂通り、ホントにいい音だ。

ハマヲは、相馬さんちでマーチンのHD-28をガンガン弾かせてもらってるからこそ、このレプリカとマーチンの音との質の違いがわかったけど、そうじゃなきゃあ、「こんだけいい音するなら、レプリカでいいんじゃね?」と思っていたかも知れません。あ、当たり前ですが、もちろんマーチンの方が、はるかにいい音ですよ。しかしコスパでいうならこのギターはタダモノじゃない。

Yちゃんにお返しするまで、まだ数日あります。コンディションを確認するためにも、ここんとこ、毎日このギターを弾いていると・・・


いかん、愛着がわいてきた。


「あのなぁ、とうちゃん。」(かあちゃん)

「何でっしゃろ?」(ハマヲ)

「このままやと、数日預かった近所の子犬に情が移って、飼い主に返すときに号泣するパターンに陥ってしまうで。」(かあちゃん)


・・・確かに。

ということで、これ以上は試奏を自粛することにしたハマヲ。しかし、「マーチンのドレッドノートがほしい病」に冒されていることに気づくのに、さほど時間はかからなかったハマヲなのでした。あ~あ・・・。


って、買いませんよっ!!(笑)


これだけいいギターなんだから、Yちゃん家の方々には、これからこのギターをなるべく弾いてあげてほしいと切に願うのです。


えぇ、ホントにホントに買わないってばっ!!



おしまい。





テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード