FC2ブログ

復活

2018年9月24日。

プライベートレーンで4か月ぶりのスケート。

マーキング消えてるかな?と思ったけど、15個中12個は残っていた。でもその12個も風前の灯。マーキングのし直しから始める。砂ぼこりをホウキで掃き、メジャーで正確に1.5m測り、目立たない黒チョークでマーキングするとそれだけで1時間。

基礎練からやり直すが、パラレル2本で足と脇腹がつる・・・。(泣)

スラロームってこんなに体力消耗するスポーツだっけ?

そのあと、クロス2本で休憩、スネーク2本で休憩、と2本ずつで休憩をとらなければならない始末。あと、全くスピードが出せない。転倒が恐いから。

こんなんで果たして自分のルーチンが滑れるのだろうか?と思ったら、まあ、超スロースピードなら滑れた。当然、劣化著しい状態・・・。

そのあと、今までずっと滑れなかった間、考えていた新ルーチンを試す。いや~、机上の理論通りにはいかないもんだな。体重移動のタイミングや、漕ぐ方法が思った通りになりゃしない。ケイト師匠くらいになると、イメージと実際の滑りが一致するのだろう。

こうして1時間30分で足が終わる。いろいろ凹む1時間30分だった。でも・・・


「ただいま~。」(ハマヲ)

「おかえり~。久しぶりのスケートはどうやった?」(かあちゃん)

「めっちゃ楽しかった・・・。(涙目)」(ハマヲ)

そう、夢に向かってガチにやるのはいいが、息抜きは必要だったんだ。あらためてそう痛感した。ベルトの上に乗るお腹の肉をつまみ、「夢は諦めないがスケートも音楽もたまにはやる!」そう決意を新たにした2018年の秋の夕暮れでした。

ということで、昔ほどの頻度ではないけど、この秋、光が丘にハマヲは復活します!



おしまい。






スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

4か月ぶりの光が丘だけどノースケート

2018年9月17日。

4か月ぶりの光が丘。

ノースケート・・・。(凹)

ホントは滑る予定だったけど、急遽、名古屋出張が入り、そのまま4泊5日。さすがにスケートは持っていけず。

相馬さんにフェスタ参加可能となったことを伝える。

「まだまだいろんな状況が落ち着かないので、当日に手伝えることならやりますよ。(MCとか)」(ハマヲ)

そしたらきょうひかに、こんな記述が。

”「フェスティバルは参加できることになりました。MCでも何でもやりますよ」よかった!”

喜んでもらえてよかった。でも、「MCでも何でもやりますよ」はニュアンスが違うぞ・・・。

とまあ、相馬さんは相変わらず。



あんちゃんも相変わらず、あたしに「ぎゅ~」ってしてくれた。実は光が丘に行く前に、うちの偉大なる大かあちゃん様が

「そろそろ光が丘に行かんと、あんちゃんがぎゅ~ってしてくれへんようになるで。」

と、恐ろしい預言をのたまわれていた。まだ間に合ってよかったよ・・・。

それにしても、ホントに癒される。ヒーリング効果は絶大。ひょっとしたらあんちゃんは、もうすでにあたしのことが好きで「ぎゅ~」ってしてくれるというよりは、疲れ荒みきったあたしが癒されているのを見て、「ボランティア」的な感じで「ぎゅ~」ってしてくれているのかも知れない。

「あんちゃんの母性が、そうさせてるのかも知れんな。」(かあちゃん)

母性かぁ・・・。年長さんだけどね。(笑)



みはなも相変わらず。14時30分に青空ギター教室の約束。でも来ないじゃん!

まあ、約束の時間通りに来たことがないので、ある程度は想定内。しばらく相馬さんの新しいミニギターで遊ぶ。一体、何台買うんだ?

30分過ぎても来ないので、さすがに電話をかけると、

「後ろにいるよ~。」(みはな)

・・・いた。

「昼寝して気づいたら14時40分を過ぎてた。いや~ ”今日は” すまないと思ってる。」(みはな)

すまなそうに見えんぞ!
しかも「今日は」だと!?

彼氏とかできたら、平気でデートの時間とか遅れて来そうだな、こやつは・・・。てか、早く彼氏作れ。



はるも15時の約束だったが、遅れてきた。しかし、はる は友達と文化祭に行ってから光が丘に来たので、まあ、勘弁してやろう。

「ママが、遅れたお詫びに塩パン持ってけって言ってたから、これ。」(はる)

はるも相変わらずだ。ちなみに、塩パン旨し!恐るべし!!

早速3人で「Lemon」の練習。はるに、ボーカルもやるように促すが、拒否るので

「じゃあ、はるは ”うぇっ!” 担当ね。」(ハマヲ)

”うぇっ!” は嫌がらないんだな・・・。

こうして普通に はるみは とギターを弾いていた頃が懐かしい。これからはもうちょっと光が丘に来れるから、青空ギター教室再開だ!



アンドリューも相変わらず。この日はアンドリューデザインのパイロンズTシャツを受け取る。パイロンと富士山がモチーフ。ウィールは目玉おやじ。フェスタはこれを着ていくぞ!

はるとアンドリューが英会話。京都の修学旅行の話らしい。はるのリスニング力はちゃんと向上しているようだ。光が丘はホントにいい環境だな。



相変わらずではなかったのは、ユキナママ。めっちゃ上達してるぢゃないすか!!
フロントクロスとバッククロスだけしか見ていないが、素直にカッコいい!と思った。女王・ゆっきーを脅かす存在になるだろうと予測。

実は、あたしはユキナパパや はる、りんちゃん、ともくん、カカロットなど、カップに参加しそうなメンバーに声をかけ、一緒に「対策検討会」みたいなことをしようと思っているが、ユキナママもスカウトしてみようかな。


ということで、次は滑る!


おしまい。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

1か月以上滑りませんでした。

お久しぶりです。

ちょっと仕事の方が、今までのサラリーマン生活の中で5本の指に入るほど激動の1か月間でして、ただ忙しいだけでなく、あることに退職覚悟で臨んだりとか、もう大変でございました。

あ、今のところは辞めずに済んでますが。(笑)

そんなこんなで、あたしの夢に向かっての活動も停滞しており、こんな調子じゃあ今年は絶対無理だ(泣)と、ヤバイくらいくじけそうでしたが、BーFOURさんからちょっと元気をいただき、今に至っております。

実はこれを書いている4月22日(日)も在宅休日勤務でしたが、「滑ってる場合じゃないけど、やっぱちょっとでも滑ろ・・・。」ということで、1か月以上ぶりにプライベートレーンへ。

1か月ぶりだと、レーン上の小枝や砂がたまってすごいことに。持ってきたホウキで掃き掃除していると、新しい管理人さんが巡回に来ました。ホウキを持ったハマヲを見ると、


「あれ? 公園管理の方ですか?」(新しい管理人さん)

「いえいえ、いつもここで遊ばせてもらってるので、たまに掃除してるんですよ。」(ハマヲ)

「あ~それはありがとうございます。」(新しい管理人さん)


よしっ、これでこの新しい管理人さんとの関係性も大丈夫だろう。あとは顔を覚えてもらっているうちに何度も来て仲良くなっとかないと・・・。


さて、練習だ。

あたしのスケートライフで1か月以上滑らなかったのは初めてかもしれません。いやはや、トリスラスキルの劣化もさることながら、それよりも体力低下の方が深刻な問題。

基礎練のパラレルたった2本で膝を負傷し、そのあとフロントクロスもたった2本で腰を負傷。いや~スラロームって、結構ハードなスポーツだったのですね・・・。なんとか基礎練を終え、身体と相談しながらカップ用ルーチンを20本滑り込み。

しかし10年もやってると、身体が覚えているものですね。感覚は比較的すぐに戻って来ました。しかし、まだまだ光が丘カップに出られるレベルじゃない。カップまであと1か月を切っているというのに、この状態はマズいぞ。ゴールデンウィーク中はどんなに忙しくても、1日1時間は滑りたいな。


レーン横の原っぱには、キジの夫婦が住んでいて、よくケンケンと鳴いていました。巣でもあるのかな? のら猫に襲われなければいいのですが。

キジが鳴くレーンに立ち、忘れていたスケート三昧の日々を思い出す春の夕暮れでした。

28日か29日は、光が丘で滑りたいな。



おしまい。







テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

今日もガチ練(ミニ)

1月28日(日)も、1時間だけプライベートレーンへ。

16時30分から練習開始。日没まであと1時間。もうすでに日が暮れかかっています。ここには街灯もないし。さあ、時間がありません。で、ふと思う。

練習の質を高めるって、どうすればいいんだろう?

基礎練をみっちりやると、あたしの場合はもうそれだけで1時間くらいはかかります。でも、せっかく時間を作って滑りに来たので、基礎練だけで終わるのもな~。

とりあえず、右前クロスや右前スネーク、右足バックワンフットなど、苦手側を集中的に練習。そしたら不思議なことに、得意側の左は一本も滑っていなかったのに、そのあとやってみるとまるで基礎練ですでに数本流した後のように「こなれた感」がある。

あたしの場合、時間がないときは「苦手側を集中特訓」でいこう。あと、やっぱり高速フロントスネークは、後ろ足加重だ。(自分への覚え書き)


約30分で基礎練を終え、そのあと新ルーチンの確認。ハマヲのポリシーは、

「光が丘カップでは、毎回ちょっとでもルーチンに変更を加え、過去に披露したルーチンは絶対にやらない。」

です。自分に課したルールがあると、新鮮な気分でカップに挑めるから。


さてその新ルーチン、毎回同じところで蹴ります。理由は明らか。あたしにとって普段やらない動きであり、頭で考えるから。

「Don't think. Feel!」

と、ブルース・リーの名台詞が頭をよぎります。

にしても、おかしい。毎日電車を待つホームでイメトレを欠かさなかったのに。あらためて頭の中で数分間イメトレ。そしたら成功率アップ。やっぱイメトレって大事だわ。

気づいたら辺りは真っ暗。1時間じゃ滑り足りない。さらに、たった1時間だけなのに、

「スケート滑ってる場合じゃねぇだろ!」(もう一人のハマヲ心の声)

てな感じで罪悪感にみまわれます。でもこの罪悪感があるから、家に帰ってまた頑張ろうと思えるのです。



おしまい。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

久々のガチ練

4か月ぶりのプライベートレーンへ。

プライベートレーンってことは、ガチ練です。たまに光へ行ってもガチ練はしていないので、ガチ練自体が4か月ぶり。

案の定、なまっていました。(凹)

まず、以前しつこく練習して苦手意識を克服したはずの右クロスと右スネークが見るも無惨な状態に。
あと、バックワンフットのスピードを出せなくなったいたり。

何より、パラレル2本滑っただけでもう、太ももが死にかけ・・・。

さすがにちょっと反省しました。光に行けない日が続いても、プライベートレーンではたまに滑ろう。

ということで、リハビリ基礎練を念入りにやったあと、光カップのルーチン作り。えぇ、出ますよ。今年は10年連続出場がかかってるので。

ここ数年は、光カップに出るかどうかで毎回悩んでました。練習時間、体力、そしてモチベーションのすべてを維持するのが本当に大変だから。こんなに迷わずエントリーを決断してるのって、何年ぶりだろう。

まあ、出るからには、それなりに恥ずかしくない滑りをしたいものです。そして、どんな無惨な結果になっても練習不足を言い訳にはできません。練習量を稼げない分、練習の質をどう高めるか。去年の光カップも、それが課題でした。

って、無惨な結果になることを前提にしている自分が情けない・・・。


とまあ、そんなことを考えながら練習方法の試行錯誤。そしてしみじみ思う。やっぱガチ練は楽しいな~。

基礎練も楽しいが、ルーチン作りも楽しい。新作ルーチンを何本か試していると、少しやんちゃな風貌をした高校生くらいの男の子2人が、自転車に乗ってやって来ました。そして一言、


「うわ、すげ・・・かっけ~っすね。」


なんて素直な好青年なんだ~!
やんちゃそうでも、ハマヲを誉めるやつはみんないいやつです。将来が楽しみな若者たちだ!

それにしても、トリスラを初めて見た人は、ハマヲレベルの滑りでもカッコいいと思ってくれるので、こういう出来事は本当にモチベーションが上がります。(笑)

***

さあ、次回はいつ光に行けるのか?
一部の方には28日に行けるかも、と言いましたが、ちょっと行けそうにありません。でも時間を作ってまた行きます!



おしまい。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード