スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピンでクルクル回りたい。 その4

光が丘フェスティバル2009報告のため、前回から時間が開いてしまいましたが、スピンのつづきです。

09年10月某日、光が丘にスピン山田さんが来園されました。
以前からスピン山田さんのお名前だけは存じており、スピン山田さんにお会いしたら、ぜひともお聞きしたいと思っていることがありました。それはもちろん、“スピン”についてです。

スピン山田さんは、光が丘フェスティバル2009のダンスパフォーマンスにエントリ(インラインスケートフェスティバル光が丘2009報告 その5 を参照。)されたので、そのために事前に来られたとのこと。にも関わらず、そんな貴重なお時間をかなり割いていただき、初対面の私に練習方法を教えてくださいました。本当に、なんていい人なんだ~。

まずはじめに教わったのが、これ。


●「ヒールトゥでまっすぐに滑ってください。このとき、上半身に力が入らないように、ラクにしてください。それから、視線は遠くの目標物を定め、それを見るようにしてください。」●


あ、意外とできない。今までは結構、リキんでたんだな。それから、遠くの目標物を見るというのは、それだけで安定感が増すので、本当に重要だと思いました。
そういえば、ウインドサーフィンでも、バイクで峠を攻めるときも、“視線を進行方向に向け、手元、足元を見ない”がポイントだったな~。

しばらくやっていると、ヒールトゥに対する苦手意識が薄れてきました。ラクに滑れるようになるって、こんなにも大切なことなんだと、今さらながら思いました。やっぱ、基礎は大事ですね。
あ、いつの間にか、味方さんも一緒に練習に加わってる…。このあいだ、franceさんに教わっていたときも、いつの間にか味方さんが一緒に滑ってたな…。

はっ、さては私のことをライバル視しているのでは!?

…次はこれ。


●「心もち、足の幅を狭めて、さっきと同じようにまっすぐ滑ってください。無理に狭めなくていいですよ。」●


無理に狭めなくていい、というアドバイスが私にはドンピシャでした。せっかくわかりかけた“安定感のイメージ”を失うことなく、取り組むことができたからです。
そして、次はこれ。


●「そろそろ回ってみましょう。足を肩幅くらいに広げて、手は横にまっすぐ広げてください。そして、まずは1回転だけでいいです。1~2回転だけならヒールトゥにしなくても回れますから。1、2の3で(広げた手で反動をつけて)回りましょう。回り終わったとき、手は胸の前で(補足:十字に、いや、×字に。)組みましょう。●


この1回だけ回るというのが、またまた私にとってドンピシャのアドバイスでした。私はムキになって何回も何回も同じ方向に回ってしまいますから…。
で、私はまず、この1回だけをキレイに安定して回るというのをやってみました。もちろん、1回ごとに反対回りに。
すると、1回転半が自然にできるようになり、2回転ができるようになりました。確かに、2回転くらいならヒールトゥにしなくてもいけますね。
また、最後は必ず手を×字に組むというのも、ミソのような気がします。フィギュアスケートでも、回転中に手を狭めると回転速度が速くなりますが、いずれうまくなって回転数を増やしたときに、軸をブラさず安定して回転速度を速くしたいとき、この練習が役立つのかなーと思っています。(あってるかな?)
まあ、今は1回転を安定してきれいに回るためのけじめとして、必ず手を×字に組んでいます。

しかし、ルーチンの中で使いこなせるようになるまでには、かなり時間がかかりそうです。
味方さん曰く、「(スピン山田さんのように)できるようになれる気がしない。」そ~っすね~。同感です。
スピン山田さん曰く、 「2、3年かけてやるつもりで取り組んでください。」とのこと。千里の道も1歩からですね。どっちにしろ、来年の光カップには、間に合わないかもな~。

進展があればつづく。
スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。