FC2ブログ

親は必見!?100本飛燕で子供の滑りはどう変わるのか? その2

たまき飛燕100本のつづきです。


Q4.やるときに何か配慮したことは?

A4.子供が自力でやり遂げられるよう、ナビゲートすることです。基本的には、「身体を壊さないこと」と、「やる気を持続させること」
そのための具体策には、大きく3つあります。

準備運動を念入りにしました。特に、franceさんの基礎練を、私と一緒にしっかりやらせました。

②たまき用ルールを決めました。ポイントは、子供にとって高すぎない、低すぎないハードル設定です。具体的には、次のとおり。

-パイロンキック5個で、その回はノーカウント。
-途中で止まっても、そこから続けられればOK。
-10本ごとに確実に休憩。その都度、続行可能かをチェック。

マイルストーンを細かく設定しました。具体的には、子供にも上達度合いが明確にわかるように、以下のことを行いました。

-10本ごとにタイム計測(前回記事参照)
-こまめに良かった点をフィードバック
-開始前と100本終了後に動画撮影


Q5.一番つらかったのは何セット目?

A5.4~6セット目だそうです。これも、私がやったときと、ほぼ一致します。


Q6.100本飛燕でも直せなかったことは?

A6.アンチバッククロスで、後ろをしっかりと振り向くことがまだできていません。しかし、今までは直す余裕が全くなかったようですが、100本飛燕終了後は、人に言われなくても自分で直そうとしているのが、その滑りから伝わってきます。これはすごい成果です!


Q7.スケートが嫌いにならなかった?

A7.スケートに対する想いが強まったようです!

一番驚いたのは、今までは来年の光が丘カップ出場を目指すことを嫌がっていたのに、
「とりあえず4月まで頑張ってみて、それから決める。」
と、かなり前向きになったことです。

というのも、100本終了時、みなさんが凄く誉めてくれたので、達成感を強く味わうことができ、それでモチベーションが高まったようです。みなさん、本当にありがとうございました。

さてさて、あとはこのやる気が、どこまで維持されるのか…。

おしまい。

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード