暑いけどCool!なスケート その2

つづきです。

franceさんが何やら見たこともないような動きで滑っていました。横歩きっぽい動きや、ブーツの横を地面につけ、それを軸に身体の向きや滑る方向を変えたり。…う~ん、文章ではうまく表現できない。とにかく、パイロンの外や中でそんな不思議な動きをしていました。そしてその練習中、あのfranceさんがころんころんと転んでいるではありませんか!

「お~、今日はめったに見られない、めずらしいもんが見れたな~。」(かず99 心の声)

それが来てよかった2つ目の理由ではありません。(笑)

そう、これはfranceさんが最近試みているフラットランドの練習。詳しくは、 “ふらまぐ 2010.07.07 Wednesday” をご参照ください。

いや~、間近で見るとおもしろいものですね。ちょっと頑張ればできそうな、かっこいい技。 “やるとおもしろそう” ってだけでなく、ギャラリーに “見せる・魅せる” ことを意識した滑り。

やっぱり、 “見せる・魅せる” っていう意識が重要なんでしょうね~。話は脱線しますが、私は今年の春、4年間習っていたギター教室をやめちゃったんですが、人前で演奏する機会がないから上達しなかったっていうのが理由の一つ。難しい演奏上の小技はできるんですが、曲を弾くと味気ない。これ、ルーチンにも当てはまりますね。「ワンフットスピンとか、難しそうな技がいっぱい入ってるんだけど、ルーチンとしてはパっとしないね~。」みたいな。

ちなみに、「人通りの多いところで路上演奏してくる!」と言ったら、かあちゃんに猛反対されてしまいました。(笑)
その点、 “光が丘でスラローム” って、常に誰かの目に晒されてるからいいですね~。私もよく人が通りかかるときを見計らってパイロンインしますが、ギャラリーがおじさん・おばさんや、子供たち、家族連れのときは成功するのに、若いおねえさんだと失敗してしまいます。不思議だ~。

…話を戻します。
そして、新ルーチンの練習を始めたfranceさん。私はそれをみて衝撃を受けました。
こちらをご覧ください。






いきなりパワースライドでパイロンインっすか~?

私の凝り固まってしまった発想では思いつきませんでした。franceさん曰く、

●「光カップの審査員をやっていると、実はパイロンへの入り方も見てるんですよ。ツカミって大事でしょ。」●

なるほどね~。パワースライド(しかも後ろから回す)からのパイロンイン、確かにツカまれました!

●「実は僕、光カップで(スライドからのパイロンインを)やったことがあるんですけど、1コ目でキックしちゃったんですね。もう何で蹴っちゃったのかわかんない。きっと緊張して真っ白になっちゃったんでしょうね~。まあ、その辺の気持ちはよ~くおわかりでしょうけど。(笑)」●

…うあぁっ! そんなさわやかな笑顔で精神攻撃かよっ!(笑)

で、ツカミだけでなく、その後の構成も魅せどころ満載! これ、コピってみたいぞ!! ということで動画を撮らせていただいたのです。

この新ルーチンについて、franceさんとメールのやりとりをしたときに、ポイントというか、ねらいについてとても興味深いお話をいただきましたので、ここに紹介します。

●「スピードや、大きく見せる技と軽く見せる技の差をつけないと、魅せ技の迫力が出てこないんですよね~
このルーティンの魅せる部分は、最初のテイルスライドと後半の1フットスピン&テイルターンのところで、ここをできるだけインパクトのある動きでパイロンを抜けつつ、その他の中間部分は、加速しながら、さらっと事もなげに、フロントクロスで抜けているくらいの感じで滑っているように見せられると、起承転結が見える、メリハリのある構成になると思うんです。」●


franceさん曰く、半年くらいかけて完成度を高めていくそうです。 よぉし! 完コピはムリでも、パーツからでもモノにして、引き出しを増やすぞ~!

このように、刺激と新しい楽しみをもらったのが、行ってよかった2つ目の理由。

さあ、明日(7/31 土)も、ハンパなく暑そうですが、光が丘で滑るぞ~。

おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード