スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“神が降りた”かあちゃんに棒でぺしぺしとたたかれる話

9月25日(土)


あたしのやることに一切の興味を示さないあのかあちゃんが!
てか、あたし自体に全く興味ないあのかあちゃんが!


とうとうプライベートレーンにやって来ました~!! あ~びっくり。

でも、スケートをやる気になったわけではありません。なぎなたの大会があるらしく、でも練習時間がないので、あたしに木偶(でく)になれとのこと。まるで、“北斗の拳”のアミバのようです。
庭でもできるのですが、近所の目が気になるらしく、あまり人のこないプライベートレーンでやることに。

「こう、構えてその場に立ってて。」(かあちゃん)

はいはい。そしてすねをビシっ。

どうも、すねになかなか届かないのでそれを重点的に練習したいのだとか。確かによく空振りします。また、届いても腰の回転の後、ワンテンポ遅れてなぎなたが来る感じ。

あたしは人が通りかかった時を見計らって、「腰が入っていない!」とか「なぎなたの当たり方が軽い!」とか、「目線を常にこちらに!」とか、“上級者の夫が妻に指導している”を演出してみました~。(笑)
さすがにかあちゃんもそれに気づいたらしく、最初は素直に聞いていたのに、「んじゃ、あんたやってみぃや!」(大かあちゃん様)

構えかたを教わり、やってみると、「スカっ」 ・・・orz

ムリっ!!(怒)

「いや、正しく構えて腰がしっかり入ると当たるねんって!」(かあちゃん)

何度かやると、おぉ! 確かに当たりました! 小躍りして喜ぶあたし。「・・・気ぃすんだらまた木偶(でく)やって!」(大かあちゃん様)

はいはい。そしてすねをビシっ。

しかし不思議ですね。軸足は動かさないのに、本当に腰の入り方だけで今まで届かなかったすねに届くのです。

1時間以上、木偶(でく)っていると、かあちゃんの表情が消え、目線もすねではなくこっち全体を俯瞰するような感じに変わりました。どうも無心っぽいのです。そして、ずしりとすねにヒットするではありませんか! 何度やっても同じ位置に同じ重さでヒットするのです。

「あ~、スケートでもなぎなたでも何でも、やり続けると“神が降りる”んだ~。」(かず99 心の声)

と妙に感心していると、かあちゃんが「あ~、なんとなく感覚がわかった。」アルカイックスマイルを浮かべながらぼそっとつぶやくのです。ちょっとこわいです。(笑)

とそこへ、探検に行っていた たまきとみーちゃんが乱入。しばし中断。10分くらいでしょうか。間が空いてからまた木偶(でく)ると・・・あれ、また当たり方にバラつきが。

「あかん、(神が)どっかいった。」(かあちゃん)

そう、あの神はよくどっか行っちゃったりするんですよね~。それに、たまに間違えて降りてくることもありませんか~? あたしはよくあります。

結局その日はもう降りてこず、かあちゃんも自主練モードに。


F1000098.jpgF1000100.jpgF1000101.jpg



木偶(でく)役から解放されたあたしは、もちろんデュアル練。でも、あの5秒台の感覚が戻って来ません。次の日の光が丘フェスティバルリハーサルの日にも全然戻らず。

あの5秒台は神の気まぐれだったのでしょうか・・・。 間違いだったとしても一度は降りてきて、あたしをその気にさせちゃったんだから責任とってまた降りてきてよ!
と、文句を言いたくなる今日この頃なのでした。

おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。