FC2ブログ

デュアルレースに命を賭けろ! その5(最終回) ~ハマヲ(の左足)は壊れている・・・編~

左足をリアルクラッシュしてしまいました!

80cmを2時間、yaskiさんと飛燕を30分やったら、そこで16時。デュアル練習のゴールデンタイムです! 早速、光電管をセットし、一本目のダッシュをした直後・・・


ぐぎっ


イヤな音がしました・・・。左ひざを内側に入れた状態で大転倒。しかもひざをかばうために、一瞬、頭の防御を忘れ、後頭部まで打ってしまいました。ギャラリーのみなさんからは、


「頭がバウンドした! すごい音がした!」


という恐ろしいコメントが。(しかし、後頭部は全く無事)
相馬さんが、すぐに氷を持ってきてくださり、トモくんママがわざわざ家から湿布を持ってきてくださいました。みなさんのお心遣い、嬉しかったです。ありがとうございました。


「とりあえず、スケートは脱いだ方がいいですよ。」(永山さん)


そうですね。左足のスケートを脱ぎ、様子見。これがまた、全く平気そうです。氷を患部にあてがいながら、考えてたことは、


「う~ん、そろそろ滑りたいな・・・。」(笑)


80cmで右足だけスケート履いてワンフット。みなさん呆れ気味で苦笑い。3本ほど滑ったら、左ひざに違和感が。フリーレッグの振りで何となく脱力感があるのです。やっぱやめとこう。

・・・でも何となくもったいない気がして、普通の靴を履いて前蹴りやエア・シカゴ。


「ったく、じっとできないんだから・・・。」(けいちゃん)
「そんな、うちのかあちゃんと同じことを言う・・・。」(ハマヲ)
「まあ、俺もそうだから 笑」(けいちゃん)


けいちゃん曰く、結局スケーターって、痛くてもテーピングしたり薬飲んだりして滑っちゃうとか。確かに、けいちゃんも肋骨やってもひざ痛めても足首痛めても滑ってたな。ったく、スケーターって生き物は・・・私にはよくわからない。(笑)

まあ、ハマヲもその日は大事を見て、おとなしく足を休めよう・・・。そしたら次の日には多少、練習できるだろう。と思ったら、とんでもない間違いでした!

その日は相馬さんのご厚意で泊めていただき、カカロットも一緒にご馳走を食べていたら、足の痛みもすっかり忘れてご機嫌のハマヲさん。しかも、ケイト君が見せてくれた、昔の光が丘フェスティバルのビデオなどを見て大笑い。
しかし、23時を過ぎたあたり、歩行困難に陥っている自分に気付いたのです! さっきまでのあの余裕感はどこ行っちゃったの?!

結局、今日の光が丘フェスティバルリハはお休みさせていただくことに。相馬さんちで個別リハをやっていただいて、お昼から地元の病院へ。レントゲンなどの結果から、骨に異常なし! まあ、靭帯がのびちゃったんでしょう、とのこと。


「でも、全治1ヶ月くらいはかかりますよ。」(先生)


えぇ~っ!


「3週間後に大会なんですよ。気合いで何とかなりませんかねぇ。」(ハマヲ)


と、先生を困らせたハマヲさん・・・。 「止めはしませんが・・・。」(先生)


病院内では車いすで移動。初めて車いすに乗りましたが、これが実に操作性がいいんです! 前進、バックはもちろん、その場での回転など、小回りが効く効く! 待合室で、パラリンピックのバスケ選手になったつもりでひとりディフェンスごっこ。


「あんた、めっちゃ嬉しそうやな。」(運転もキツイので、病院に連れてってくれたかあちゃん)

なっ、デュアル出場がほぼ絶望的になってハートブレイク・ハマヲ状態なのに、なんてことを!!

しかし、思い起こせば相馬さんちでご馳走を食べ、昔のビデオのマツキヨが今のまんま変わらないのを見て大笑いし、車いすで機嫌よく遊んでいたハマヲさん。誰も落ち込んでるなんて信じてくれないのも無理はありません。あ、いや、やっぱそんなに落ち込んでないかも・・・。だって、出場できなかったら、


「いや~、今年はあたしが出ていたら、入賞間違いなしだったのにな~! 残念、残念。」


って得意げに言えばいいんだから。(笑)


ということで、みなさん、ご心配をおかけてすみませんでした。あとはデュアル本番までに、気合でひざを何とかするだけです。図らずもこのシリーズは最終回となってしまいましたが、今回のダークホース・ハマヲはまだあきらめていません。光が丘フェスティバル当日にお会いしましょう!


おしまい。




テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード