FC2ブログ

縛り方へのこだわり

タイトルを見て、ヘンな想像をしたそこのあなた! 当ブログは格調高い健全なサイトであるということをお忘れなくっ!!(笑)



え〜、昨年末の話ですが、SEBA HIGHに使っていたヒモがブチ切れました。


2013010218160000.jpg


「コタツのコードかと思った。」(かあちゃん)

まあ、確かに似てますね〜。(笑) この、ファッション性のかけらも感じられないのは、mont-bellの登山靴のヒモ。mont-bellだから丈夫で長持ちするだろうと思い、ファッション性を犠牲にして使っていましたが、1年半でブチ切れって、どうなんだろう・・・よくもった方なの?

というわけで、今度はヒマラヤスポーツで売っていた登山靴用のヒモを買ってみました。色が選べるので、あたしのスケートにかける想いを象徴する、情熱の ”赤" 。白黒のSEBAに、赤はとってもよく合います。


以前の記事でも書きましたが、あたしはSEBA HIGHのホールド性を高めつつ、脱ぎ履きしやすくするために、足の甲の部分とスネの部分とで紐を上下に分けています。これホント、おすすめ。
関連記事1関連記事2 ※関連記事2は心臓の悪い方、閲覧注意です。笑)

ヒモの長さは130cmと180cmの2種類しかなかったため、130cmを購入。今まで使っていたものは120cmだったので、まあ、同じような長さです。


ヒモの通し方にもこだわりがあります。 実は・・・


穴の上からヒモを通すと、緩みにくいけど、縛りにくいし解きにくい。
穴の下からヒモを通すと、緩みやすいけど、縛りやすいし解きやすい。



という特徴があるのですが、まず、足の甲側の縛り方からご紹介します。以下の写真をご覧ください。


2013010217450000.jpg


つま先側の穴3つ目までは、穴の上からヒモを通していますが、穴4つ目からは穴の下からヒモを通しています。ブーツを脱ぎ履きするときは、つま先側までヒモを緩める必要がないので、このようにしています。



今度はスネ側です。ここはブーツを脱ぎ履きするときは完全に緩めなければいけません。なので解きやすくするために、引っ張るための輪っかを作りました〜。以下の写真をご覧ください。


2013010217540000.jpg


この輪っかですが、レスキュー隊員の必須スキルであるロープワークを参考にしました。拡大写真がこれ。


2013010200160000.jpg2013010200170000.jpg


ヒモの途中に、解けない輪っかを作る方法の一つ、「バタフライノット」という結び方です。これでほんの少しですが、更に脱ぎやすくなりました〜。
バタフライノット以外にも方法はあるのですが、バタフライノットは結び目が小さくて済むし、結び目のところも比較的ヒモが真っ直ぐになってくれるのです。


あ、ちなみにお気づきの方がいらっしゃるかも知れませんが、スネ側は穴1つ目だけ穴の上からヒモを通しています。「穴の上からヒモを通すと解きにくい」と書きましたが、解きやすさ・縛りやすさを最優先しているスネ側なのになぜこの方式かというと、穴1つ目だけ穴の上からヒモを通した場合は完全にヒモを解く場合にやりやすくなることが、ハマヲの実験でわかったのです。


さあ、みなさんもこの縛り方で、今日から快適なスケート脱ぎ履きライフをご満喫いただけます!!


・・・ま、こんなの誰もやんないでしょうけどね。自己満足の世界です。ハイ。



おしまい。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード