パイロン前留学 その2

え〜、玉砕の結末です。


一日一言、1年で365の英文を覚えるという本(キャッチフレーズは「これでダメなら英語はあきらめてください。」)を、5か月で覚えたハマヲ。しかし、一向に英語力が上がったという実感なし。

音読を中心に勉強したところ、確かに、音は聞き取れるようになりました。発音も以前より良くなったようです。しかし、自分が言いたいことが瞬時に組み立てられないのです。

例えば、カカロットとアンドリューが英語で会話しているとしましょう。そこにハマヲも入ろうとしたら、言いたいことを頭の中で組み立てるのに約5分・・・やっと話せると思ったら、その頃にはもう話題は変わってしまっているのです。

なので事前に、マーガレットに質問を考えておくことにしたのです。例えば、

Other than sushi, what kind of Japanese food do you like?
あざ〜 ざん すし、わっかいんだぶ じゃぱに〜ずふ〜っ どぅゆらいっ?
(訳:寿司以外で、日本料理は何が好き?)


みたいなのを十数問。あ、マーガレットは寿司が好物だとか。アンドリューがマーガレットにメールで訊いたのです。


「英語ですが、読みますか?」(マーガレットからのメールを見せてくれるアンドリュー)

「えぇ、ぜひ! ・・・あ〜、はいはい。だいたいわかります。(得意げなハマヲ)

「本当ですか!」(アンドリュー)

「“オー ヒカリガオカ ニハ ミスター ハマヲ トイウ チョーイケメン ガイルト キイタノデ アウノガ トッテモ タノシミ ダワ” と書いてますね~。」(ハマヲ)

「・・・あ、そうですか。それは知らなかったです。」(呆れ気味のアンドリュー)


そんなこんなで1月3日、マーガレット来園。


「How do you do ! My name is HAMAWO. Please call me Tom Cruise !


と、小粋なジョークを飛ばすハマヲ。あ、さすがにこの程度ならアドリブです。ウケたかどうかはまた別の問題ですがね~。

年齢の話になった時も、


「I turned 24・・・twenty years ago.
(訳:あたしゃ、24才になりました・・・20年前にね。)



と、シャレたジョークで場を和ませるハマヲ。あ、さすがにこの程度なら(以下略)ウケたかどうかは(以下略)

そのあと、スケートの基本を教えてあげました。もちろん英語です! と言っても、


「Let's practice walking.」

「Please keep forward stance.」

「Good job!」



程度ですがね~。


一緒にスケートを練習している合間に、事前に考えた質問をするハマヲ。結構、コミュニケーションが続くものです。しかし、これがこの後の問題につながるとは、思いもしなかったのでした!



夜は練馬の居酒屋で歓迎会〜。あたしとカカロット、久保田くんはマーガレットと話すためにアンドリュー&マーガレット席へ。さあ、マーガレットと会話を・・・





しまった〜! 事前に考えた質問はスケート中に全部聞いちゃったので、ネタ切れだよ〜っ!! ハマヲ痛恨のミス!!!!!

で、結局、話したいことを考えるのに約5分。なかなか会話に乗れず、マーガレットと話す気満々で座ったわりにはあまり話せないシャイなハマヲになってしまったのです・・・。ハマヲが使った英語といえば、


「My wife is very scary!
まいわいふ いず べり〜 すけ〜り〜!
(訳:うちのかあちゃん、めっちゃこわいねん!)



程度の英文だけ。(凹) 5か月間の英語の勉強は何だったんだ〜っ!? ハマヲの頭には、あのキャッチフレーズが。


「これでダメなら英語はあきらめてください。


玉砕っ!!!!!



やっぱ、あたしゃ英語とは相性が良くないのかも知れません。しかし、あきらめの悪いハマヲは、今度は今年の夏に来日予定の、アンドリューの両親と会話することを目指し、しつこく英語を勉強中です。



とりあえず、おしまい。





スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード