いろいろあった光が丘カップ2014 その1

お待たせしました。光が丘カップ報告です。

いや〜今年の光が丘カップ、あたしはもう出られないものと諦めていただけに、感慨深いものがありました。では、ぼちぼちと綴っていきましょうか。

あ、ちなみにアンドリューに「ぼちぼちってどういう意味でしょう?」と訊かれ、回答に困ったハマヲです。Weblio翻訳で「ぼちぼち」を訳すと「Soon」って出ました。う〜ん味気ないな・・・それ違うと思うぞ。まあ、「Graveyard graveyard(墓地墓地)」って出なかっただけ、まだマシだな。


***


まず、やはり久しぶりの方々にお会いできたことが嬉しかったですね。これを逃すと次に逢えるのは1年後とか、ヘタすりゃもっと先って方々も多いですから。

カップ前日に光へ行くと、すでに神戸のなっちゃん&パパ&ママがいました。なっちゃん、かわいい女の子から美人なお姉さんに変わってました。それに、超・足ながっ! あのスラッとしたカモシカのような脚を組んだままで80レーンをクルクル。技の名前はわかりません。思わずカカロットの丸太のような脚と見比べてしまうハマヲ。


「あんなこと(脚を組んだままクルクル)したら、僕は脚がほどけなくなりますよ。」(カカロット)

「いや、そもそもカカロットの脚じゃ、組めないから。」(ハマヲ)



そして、約1か月ぶりのsugiyanさん。光が丘カップのついでに出張のようです。(笑) 9時30分には光入りしたそうですが、前日に飲み過ぎたらしく、ハマヲ到着時(13時前)にはブーツ脱いでお疲れモード。


15時、岡山からALIVEのメンバーがARRIVED。(笑) あおいちゃんも、ハマヲのブログを見てくれているそうです。ありがとう! そしてこんなブログでごめん!

光が丘キッズとALIVEのみんなで光が丘公園の外周を滑りました。幸せのニワトリを見ることができた子とそうでない子がいましたが、見られた子はいいことあったかな? ハマヲは見られなかったので次の日に良くないことが起きました。(笑・・・凹)

外周から帰ってきた頃には、みんなハマヲにも打ち解けてくれて、いろいろとお話。

好きな男の子が◯◯県にいる
とか、
でもその男の子とはもう終わっちゃった
とか、
そんなのウソだから信用しないで!
とか・・・。


う〜ん、名前は書けないっすね〜。


「ハマヲさん! どっちの言うことを信じるのよ!」(ALIVEの◯◯ちゃん)

「好きな男の子がいたけどっていう話の方がおもしろいので、そっちを信じることにする〜。(笑)」(ハマヲ)



それから、あおいちゃんと、ルRRRRRウェイナちゃん(あ、レイナちゃんのことですよ、念のため。)が、


「ハマヲさん! 私たちのスパイダーマン、見てください!」(あおいちゃん&レイナちゃん)


えぇぇぇぇっ!! \(◎o◎)/


見てくださいも何も、もうあたしよりも君たちのほうがはるかに上手いよ〜! もうね〜、あれ、君たちにあげるから!(笑) そのあと、


「ハマヲさんのスパイダーマンも見せてください!」(あおいちゃん&レイナちゃん)


うをぉっ! お、恐れていたことがぁっ!! ふたりのスパイダーマンのあとで、あたしのを披露するなんて、


「ハマヲさんが今からすっごいおもしろいこと言うよ! ほんとマジでおもしろいから! さあ、言って!!」


ぐらいのプレッシャーだよ! で、ぐだぐだのスパイダーマンをお見せすることに・・・。それでも拍手してくれたあおいちゃん&レイナちゃん。やさしい・・・。(泣)


他にもいろいろなところから大勢の方が来られましたが、なんかヒットマンのような方に声をかけられ、とっても怖かったです〜。「ハマヲさんのルーチン見せてよ。」と言われたのですが、「お前のルーチン見せなきゃ命はない」って言われてるような気がして、無我夢中で滑りました。(笑) でも、この緊張感の中で滑れたのだから、本番は大丈夫だろうという安心感につながりました。

でも、なんでだろう、なんでだろう・・・。

あ、ちなみにその人は富山の有名なダムのような名前の人でした。


その日はまたまたともくんちにお世話になり、ほんとにぐっすりと眠ることが出来ました。いろいろとありがとうございました。


つづく。




スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード