カカロット 穴を掘る の巻

光が丘パイロンズ定期総会&忘年会のあと相馬さんちに泊めていただき、12月21日 、久々に光が丘でスラローム。


光が丘に行く楽しみの一つが、カカロットイジり。いつもたいてい、いいネタを提供してくれます。

その日も、カカロットはモナパパと何やら立ち話。何となくネタの匂いを嗅ぎつけたハマヲ。背後から近寄ると、カップ向けルーチンの新しいネタはないかと話していました。

トリスラの技って分類すると、主には

スピン
ステップ
スイッチ
スライド
グラトリ
ジャンプ


とかがありますが、ある程度出尽くした感が否めません。


「だから、カカロットのために考案したキャイ~ン・ストップやろうよ!」(ハマヲ)

「まだそんなこと言ってるんですか!」(カカロット)

「そして視線は審査員に!」(ハマヲ)


・・・もうカカロットは相手にもしてくれません。ちなみにキャイ~ン・ストップはスピン系の技ですね。


スピン系が大好きなカカロット、じゃあスピン系で新しい可能性を見出そうよ。


「ブレイクダンスでやる、あの頭でクルクル回るやつは?」(ハマヲ)

「すごいけど、たとえできても評価にはつながりませんよ!」(カカロット)


いや、印象加点だけで200点くらい貰えそうだけど。


「じゃあ、何年か前にやってた、ダブルヒールスピンは? あれは相当カッコいいよ。」(ハマヲ)

「・・・あれ? もうボケないんですか?」(モナパパ)


いや、あたしだっていつもボケてるわけじゃないっすよ!


「いやいや、そこでなおボケるのが関西人のハマヲさんでしょう。」(モナパパ)


どうやら関西人とハマヲに対する間違った認識を持ってるようです! 私はいつも真剣にカカロットのことを考えているのだ!!


「じゃあ、スライド系で、ハンドストップ!」(ハマヲ)

「じゃあ、ノーズストップ!」(モナパパ)

「それ、ただの転倒じゃないっすか・・・」(カカロット)

「じゃあステップ系で、あたしがやろうとしていた、欽ちゃん走りは?」(ハマヲ)

「あぁ、あれですか・・・。」(カカロット)

「・・・。」(モナパパ)

「・・・。」(ハマヲ)

「・・・。」(カカロット)


イヤならイヤってはっきり言えよ!ヽ(`Д´)ノ


では違うアプローチから考えてみようか。さっきの分類に当てはまらないものはないだろうか?


「じゃあ、泳ぐ!」(ハマヲ)

「どこで?」(カカロット)

「・・・空? 地面?」(ハマヲ)

「だから、それじゃあ転倒です!」(カカロット)


んだね。


潜る!」(モナパパ)


それは斬新ですね〜。地面に穴を掘って潜る。ポケモンの技みたいです。


「カカロット! “穴を掘る” だ!!」(ポケモントレーナーのサトシ風に言うハマヲ)

「天下一武道会みたいに会場壊して、競技が続行できないから “俺の優勝だ!!” みたいな感じですか?」(カカロット)


やはり、どうしても比喩がドラゴンボールになるカカロット。ちなみにカカロットなら、るろ剣の「八ツ目無名異(やつめ むみょうい)」の話も出すかな〜と思ったのですが、出ませんでした。


「あの〜、光が丘カップのネタがほしいんですが、フェスタのネタになってませんか?」(カカロット)


・・・うん。


あたしはかつて、なしをさんに「春の大会を秋色に染める男」という、名誉なんだか不名誉なんだかよくわかんない称号を頂いたのですが、やはりその後継者はカカロットしかいないでしょう!



おしまい。






スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード