きょう(4月25日)の光が丘

※今日は、光が丘パイロンズHP「きょうひか」からの転載です。


○1年間 ただこの瞬間を 待ちわびて
○待ちわびて 出てきた言葉が おやじギャグ

12時30分過ぎ、一人で光が丘到着。今日は相馬さんはポールマッカートニーのリベンジライブのため、九十九里ハマヲが書きます。

すでにホルテンさん、H@yashiさん、yoshimiさん、キヨミーさん、あいりちゃん&ママ、大和くんがいました。

キヨミーさんとはどうやら初対面では無さそうですが、きちんとご挨拶するのは初めて。カタカナで「キヨミー」と伸ばすことを確認。キヨミーヨシミー・・・語呂がいい。ハヤシー、ホルティーなどと伸ばしていると、yoshimiさんから「伸ばさないっ!」と教育的指導。

なお、yoshimiさんが「“yoshimi” はアルファベット小文字だから!」とか、「“H@yashi” は先頭が大文字で “a” の部分は “@” だから!」と正しい表記を念押し。私は「めんどくせ~!」と言いながらメモ。(笑)
ちなみにホルテンさんは「ホルテン・セブン」が正式名称ではないそうです。

キヨミーさんは普段は体育館で滑ることが多いようで、光が丘のマス目や段差は滑りにくかったのではないでしょうか。
なお、ホルテンさんは「光が丘カップのときに、いつもワンウィールでつまづきそうになる場所がある。」と、その場所を探していました。埋めるか削るかしたいとのこと。

そのあと、ハル&みはな、もなみちゃん&パパ&ママ、久保田くん、相馬さん、あいりちゃんパパ、カンタくん&タクミちゃん&ママ、アンドリュー、味方さん、永山さん、じょうすけさん、ユノちゃん&おばあちゃん、ワッチ&ママ、そして初登場のタカハシさんが来ました。

相馬さんは今日は手ぶらで登場。私を見ると、「このたびは・・・」と意味不明なあいさつ。このたびは何ですか?(笑) ええ、わかってますよ。きょうひかは書きますからご心配なく!

ちょうど1年前、浮かれて大和くんを散々イジったあと、嬉々としてライブに向かった相馬さんが、17時過ぎに光が丘に戻ってきたあのさみしげな姿・・・あの時は「エリナーリグビー」の歌詞になぞらえた575でしたが、今日は「ブラックバード」になぞらえた575です。

You were only waiting for this moment to arise
君はただこの瞬間が起こるのを待っていた

ちなみに、ブラックバードもポールマッカートニーの名曲です。

でも今日の相馬さんは、見た目は1年前ほど浮かれていません。それはまだ何が起こるかわからないから。(笑)
しかし、「今日は真っ赤なシャツで来たのはなぜだと思う? それは “ポール真っ赤ートニー” だから。」と、言われたこっちもフォローが難しいようなおやじギャグを飛ばしているところからしても、内心は浮かれまくっていたのでしょう。

今日のライブは東京ドーム。相馬さん曰く「東京ドームといっても、スケートはしない。」とのこと。はいはい・・・。

そして15時30分頃、スキップでもしそうな勢いで相馬さんは光が丘をあとにしました。

去年の相馬さんの様子をよ〜く知っているので、今年のライブはきちんと始まって、大成功のうちに終わることを祈らずにはいられません。


カンタくんは前回、新しいスケートを履くと「足が痛い」と言っていたそうですが、なんとつま先に新聞紙を丸めたやつが詰められていたのに気づかず、そのまま滑っていたそうです。それは痛かったろう・・・。

初登場のタカハシさんは、事前に相馬さんに連絡をくださったようです。新しいスケート靴で早速、練習開始。

タカハシさんは、パイロンを見て「この競技はスピードを競うのですか?」と質問。そこで大和くんにトリスラを披露してもらいました。すると、「かっこいい!」とのこと。大和くん曰く「かっこいいなんて久しぶりに言われた。」

大和くんは16時くらいには帰宅。渋谷で野暮用とのこと。略して「しぶやぼ」。

タカハシさんは、ストライドⅠ、Aフレームターン、Tストップ、スウィズル、バックスウィズル、そしてパラレルまでをマスター。スキーをされているらしく、荷重の感覚をつかむのが大変早かったので驚きました。永山さん曰く「スキーよりもスケートにハマってスキーに行かなくなるかも。」それはあなたです!(笑)
またぜひ来てください!

ユノちゃんはキョウカちゃんが来ていないのでちょっと寂しそう。そんなユノちゃんはスネークに挑戦。クロスから変化させる方法を教えると、すぐに習得。子供は本当に覚えるのが早いですね。

yoshimiさんや味方さんたちは、大勢で光が丘カップのカメラ位置などを確認。ミニリハーサルをやりました。

アンドリューは珍しく、日が高いうちから光が丘カップのルーチン練習。いつもは子どもたちの相手で練習できないのですが、今日はしょうまくんは遠足、みずきは参観日と、子どもたちがいないので、メインレーンで滑っていました。アンドリュー曰く、「(久し振りなので)ルーチン練習の仕方を忘れた。」いつもごめんね~。

ということで、遊び相手がいないので、ワッチはちょっと寂しそうでした。ワッチはみんなにドライフルーツを配っていました。

子どもたちがいないので、久し振りにアンドリューと英語ネタの会話ができました。私は「厚切りジェイソン」の逆バージョンネタを披露。ちゃんと笑ってくれました。(詳細は近々、私のブログで書きます。)
しばらくは久保田君、永山さんも交えて英語談義。

私は久し振りに、もなみちゃん、ハルちゃんと鬼ごっこ。もう、なかなか捕まえられません。久保田君とハルちゃん、もなみちゃんはミニパイロンをバトン代わりに該当の周りをぐるぐる。あの久保田君がなかなか二人に追いつきませんでした。子供たちは本当にうまくなりましたね。

もなみちゃんはスケートも速いのですが、学校でリレーの選手にも選ばれたそうです。後でかけっこの練習もしようと約束。しかし、帰りの時間ギリギリまで滑っていた私は、18時前、猛ダッシュで光が丘をあとにしました。

帰り際、もなみちゃんに、「今度はかけっこもしようね。」と言われて思い出しました。ごめんね~。次は必ずやろう!

今日はカレーとシングルモルトウイスキー「ザ・グレンリベット」。青りんごの香りがする、スコッチ入門に最適な一杯です。


スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード