光が丘カップ2015 その3 〜光が丘カップ前日〜

光が丘カップ前日の様子です。


例年だと、光が丘カップ前日は9時30分くらいから滑り始めるようにしているのですが、今年はいつも通りの13時前に現地入り。とにかく、前日に滑り過ぎて足を終わらせないためです。


さあ、久しぶりなゲストスケーターさんに会えるのがこの時期の楽しみの一つ。すでに関西から、Sugiyanさんや、なつきちゃんファミリー、坂田さん親子、馬場さん親子が来られていました。Kenjiくんもすでに現地入り。

しばらくすると、げんさんやALIVEメンバーなど、もう覚えられないほどたくさんの方が来られました。

みなさんの滑りを見ていると、あることに気づいたハマヲ。


「この世には2種類の人間がいる。それは足の長い人間と、それ以外の人間だ!」(ハマヲ)


Kenjiくんや、なつきちゃん、げんさん、もなちゃん、久保田くん、ALIVEメンバーは “足長族”。

ハマヲはもちろん “それ以外族”。

あ、誤解のないように言っておくと、“それ以外族” と言っても、短足という意味ではありません。例えばカカロット大和くんは短足ではなくオニのように太いため、 “それ以外族”。


「あ〜、Kenjiくんの足の1cmでいいから分けてくれないかな〜。その1cmは膝上じゃなく膝下に付けてほしいな〜。」


と、どうでもいい妄想で現実逃避するハマヲ。ホントにどーでもいい話題ですみません。



ゲストスケーターさんがクールな滑りを披露する中、でんじゃらたちもルーチン練習を始めました。さあ、あたしもやるか・・・すると、


「でんじゃらたちを教えているハマヲさんは、どんな滑りを見せてくれるかな♡」(げんさん)


うをぉっ! な、なんてことをっ! 精神攻撃とは卑怯なりっ!!

しかしハマヲは、げんさんの攻撃に惑わされることなくフィニッシュ! と思ったら、15個目で転倒・・・。


呪詛(じゅそ)だ、呪詛・・・(凹)


大会当日に審査員特別賞を受賞することになる脩太くんと、同じくチャレンジクラスのチャンピオンとなる祥生くんは、やはり同じくオープンクラスのチャンピオンに返り咲くKenjiくんからエアとかいろいろクールな技を習っていました。これは嬉しかったろうね〜。


そのあとアンドリューから外周に行きませんかとのお誘いが。じゃあ、去年と同様、ALIVEメンバーと一緒に行こう!

幸せのニワトリはもう交通事故でこの世にはいないんだよ、とか、最近まではお墓があったんだよとか話しながらのんびり滑走。

こうして多分、みんな無理せず程々に滑って、明日に備えて早めに解散。


ALIVEの美魔女こと、nao衛門さんは、帰りがけに


「ハマヲさ〜ん、今日もカッコよかった!」


もうその言葉だけで、どんだけ幸せな気分で1日を終えられるか・・・。(感涙)


あたしと久保田くんは、ともくんちで美味しいディナーをごちそうになり、あたしはそのままいつものごとくお泊り。いつもいつも、本当にお世話になりっぱなしで・・・(またまた感涙)



つづく。






スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード