スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンヒール練習あるある

ワンヒールの練習を始めて3週間・・・


全然あかん。(泣)


2〜3mくらい偶然で進めるようになってから、そんなに進歩なし。

ワンヒールは他の技と比較しても、「ヒールの “ここ” に、こう乗ればいい。」っていうスイートスポットが極端に狭い。

あ、ちなみにスイートスポットについては、今から5年前、当ブログで「スラロームにおけるスイートスポットについて考査する。」という記事をアップしましたので・・・読まなくて結構です。ハイ。

う〜ん、スラローム始めた頃は、こんな事ばっか考えてたな〜。いま読み返すと懐かしくなります。


で、手応えが感じられないと思っていたワンヒールも、しつこく練習しているとそれなりに進歩はしているようです。偶然で進める距離が、たまに6mくらいになる時があったり。

偶然でも、乗れると気持ちがいいものですね〜。この瞬間だけ、ヒールのスイートスポットが感覚で掴めるんですよね。そして針先のように狭いと思っていたスイートスポットが、乗れているときだけはある程度の広さがあると感じるのです。不思議・・・。


そんな、ワンヒールの練習を始めたばかりの頃にありそうな、「ワンヒール練習あるある」を綴ってみました。共感いただければ幸いです。



あるある①:
感覚を掴めた! と思ったスイートスポットは、次の瞬間にはもう消えている。


あるある②:
掴めた感覚がまだ足に残っているうちに! と、しつこく練習するが、あの感覚は帰って来ない。


あるある③:
ワンヒールにちょっとでも乗りやすくするため、滑る前にかかとを地面にコンコンってする。でもあまり変わらない。


あるある④:
ワンヒールに乗れた時の、ヒールの「ここ」っていう感覚が、左右で違う。


あるある⑤:
後ろに転びたくないもんだから、前傾姿勢を強めすぎて凄いスピードで前に倒れ、顔面を強打しそうになる。


あるある⑥:
ワンヒール練習中に他の公園利用者が通りかかると、得意ルーチンを滑り「ヘタクソに見えるかも知んないけど、あたしはホントはこれくらい滑れるんだぜ〜。」感をさり気なく出してしまう。でもそのあと、むなしくなる。


あるある⑦:
ヒールトゥから、なかなかトゥ側の足を上げられないまま、レーンエンドを迎え、イラっとする。


あるある⑧:
ヒールトゥから、やっとトゥ側の足を上げられたと思ったら、やっぱりレーンエンドを迎え、イラっとする。


あるある⑨:
ワンヒールにやっと乗れた! っていうときに限り、路面の凹凸に阻まれ、イラっとする。


あるある⑩:
ちょっとでも路面の良い所でヒールトゥのトゥ側の足を上げようと思うが、やっと足を上げられた時はやっぱり路面の悪い所を通過するタイミングと重なり、イラっとする。


あるある⑪:
ワンヒールが上達しないのを路面のせいにするが、いざ凹凸の少ない路面を見つけても、やっぱりできなくて、イラっとする。



いかがでしょうか? こんな感じで、プライベートレーンではイライラが止まらない日々が続いておりますが、顔見知りが通りかかったら満面の笑顔で挨拶する、外面の良いハマヲなのでした。


できるようになる日はホントに訪れるのだろうか・・・。(泣)



おしまい。




スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。