FC2ブログ

相変わらず右前フロントスネークが苦手な人の話

7月頭から8月下旬まで光に行けませんでしたが、プライベートレーンでは細々と滑ってました。

んで、やっぱり右前フロントスネークの練習。スラローム歴9年で、いまだに右前フロントスネークの練習をやってるっていうのは、われながら上達の遅さに嫌気がさします。

私にとって、右前フロントスネークの何が問題なのかというと、「気持ちよく漕げない」ってこと。前回書いた通り、感覚の問題。

が、そろそろ右前フロントスネークの練習に終止符を打ちたい。そう思い、それなりにできている左前フロントスネークと、ダメな右前とを徹底比較すること2時間。

漕ぐタイミングや重心の置き方など、意識して左前を真似てみるも、どうも違う。でも、どう違うかが説明できない。何度も言うが、感覚の問題。

しかし、あることがきっかけで、その感覚の違いを明確に体感できたのです。それは、音。

苦手な右前は、

「しゃっしゃっ しゃっしゃっ」

ですが、左前は、

「しゃっしゃしゃ~ しゃっしゃしゃ~」

だったのです。


「おや? ”しゃ~” が一個多いぞ・・・。」(ハマヲ心の声)


実はこれ、漕ぐときの音。あたしは無意識に、スネークの漕ぐ動作は


・後ろ足の開ききる前後
・前足の開ききる前後


の2つ(要はスウィズルの漕ぎ方のタイミングをずらしたもの)だけだと思い込んでいましたが、


・後ろ足が閉じきる直前


にも漕ぐ動作を入れていることに気づいたのです。つまり、漕ぐ動作は前足で1回、後ろ足で2回。まぁ、よくよく考えればワンフットだって片足で2回の漕ぐ動作があるもんな・・・。

そう考えると、理論上は前足も閉じきる直前に漕ぐ造作を入れられるはずだと考え、


「しゃっしゃしゃ~しゃっ しゃっしゃしゃ~しゃっ」


を目指せるか試してみましたが、これは物理的に無理でした。理由を書くのは面倒なので省略~。

まあ、とにかくこの「しゃっしゃしゃ~ しゃっしゃしゃ~」を意識して右前フロントスネークを練習すれば、力強い加速が得られて気持ちよく滑れるようになるだろう。そう思い、練習を重ねていったのです。

以前に比べて、力強く漕ぐ感覚は味わえるようになりました。しかし、期待したよりはスピードが上がらない。自動車で例えると、L(ロー)は力強いけどスピードは出ない、みたいな。

まあ、今回は「気持ちよく漕ぐ」っていう抽象度の高い目的でしたから良しとしよう。スピードアップを目的にするなら別の観点での練習が必要なのでしょう。



はい、ということで2017年8月現在の、あたしにとっての「気持ちのよいフロントスネーク」とは、


・フロントスネークの漕ぎ方は前足1回、後ろ足が2回。
・重心は、基本的には歩くときのように前足・後ろ足と交互に乗せているが、やや後ろ足より。


です。これがどんな場合でも、誰にとっても、あたし自身にとっても正解と言い切る気はありませぬ。実際、この9年間にあたしの結論は何度か変わってますし。

でもまあ、以前に比べて多少、気持ちよく漕げるようにはなったかな・・・。


あ、ちなみにスピードを重視するなら


「実はフロントスネークって、後ろ足だけで漕いだ方が速いんじゃね?」


って思ってます。でも、その仮説を検証できるほどの腕前(足前?)を持ち合わせておりませぬゆえ、今度ケイトくんと会ったら被験者になってもらおうっと。

そのお話はまた、機会があれば・・・。



おしまい。








スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード