FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光が丘カップ2018~光杯に10年連続出場しました~ その7

10.印象深かったこと その2


もな。堂々のジュニアクラス2連覇!
まあ、勝つべくして勝ったな、というのが正直な感想。前日もがんばってたからねぇ。辺りが暗くなっても、自分の思い通りに身体が動かなくなるまで練習して、カカロット並の大転倒。あの瞬間は本当にあせった。顔から行ったかなと思ったけど、大したことなくて良かった。前日はネガティブなイメージで終わったけど、当日は見事に切り替わってた。

来年はオープン女子。あえて厳しいこというと、ライバルのレベルが上がるよ。「勝ちたい」という気持ちを維持できればいいけど、「もうこれでいいかな」って思ってると決勝まで残れない。

あ、それ以前に、中学ではユルい文化系クラブに入ってくれればいいけど。(笑)

そしてまた一緒にドラムやろう!(関係ないけど)


はる。光が丘カップ開催前、もうカップまで間もないって時期に、「まだルーチン決まってない~」などと、とんでもないことを言ってるではないか!

しょ~がねぇな~ってんで、急遽、はるのルーチンを考えることに。このとき、あたしには作戦がありました。それは、「はる」というスケーターのスラロームスタイルで、いかに光が丘カップを攻略するか?ということ。

一応、あたしは はる の元・師匠。はるの滑りの強みと弱点は頭に入っているつもり。その強みを活かして、いかに上位を目指すか。かといって、あまり大きくルーチンを変える時間はもうありません。
ハマヲの光が丘カップに関する経験を駆使して、いろいろな観点(詳細は秘密にしておきます)から はる のルーチンを改造、滑り方についてちょっとしたアドバイス。

そして、見事オープン女子準優勝!!

もちろん、はるの準優勝は、はる自身の底力・実力・努力の賜物です。相変わらず、本番での爆発力が凄まじいな。特に、決勝戦で守りに入らずに、攻めた滑りを見せたのが、あたし的には褒めてあげたいポイント。あのパイロンキックはその証です。

そのあとの打ち上げで、人をあまり褒めない けいちゃんが、ハマヲにダメ出しばかりするあの けいちゃんが(再掲)、はる のことを高評価! その評価ポイントが、まさにあたしの狙い通りだったのには正直ビックリで、超・いい気分! そう、まるであたしがけいちゃんに勝てたような気分でした。(笑)

けいちゃんのコメントを聞き、はるがめずらしく、「りんごさん(ハマヲのこと)のおかげ」と言ってました。ふっふっふっ。さすがにあそこまであたしのアドバイスの狙いが高評価コメントと一致すれば、少しはあたしの偉大さがわかっただろう! これからは「りんご師匠」と呼びなさい。



つづく。






スポンサーサイト

テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。