FC2ブログ

ハマヲの試練! その1

2/15~19まで、大阪出張だったハマヲ。

行きも帰りも新幹線だったのですが、行きは新幹線の中で “いちばんいい席” に座って行きました!

さて、そこで問題です。 “いちばんいい席” とは、どんな席でしょうか?







いえいえ、グリーン車なんて会社は出してくれません。


正解は、 “1番E席” でした~。



…あ、こういうネタはダメっすか? じゃ、気を取り直して第2問!

ハマヲさんは帰りの新幹線で、 “いちばんええ席” に座って帰ってきました! さて、 “いちばんええ席” とは、どんな席(以下略)



というわけで、ハマヲはいつもE席やA席といった、窓側を予約するのです。なぜなら、のぞみ700系の窓側にはコンセントがついているため、スマホを充電できるからです。

もし、E席とA席の、どちらも空いていたのなら、あたしはE席を予約します。A席は3列シートだから、席を立つときにB席の人とC席の人に声をかけなければなりません。小心者のハマヲはそれがイヤなのです。

しかし、帰省の時期でなければ、A席B席C席の全てに人が座ることは少なく、だいたいはB席が空いているので、A席でもゆったり座れることが多いのです。


今回の出張申請の際、帰りの日である19日(日)は、E席がすでに満席だったので、

「まあ、いつも通りB席は空いてるだろう。仮に、A席B席C席の全てに予約が入ったとしても、2時間30分くらいなら、トイレに行きたくはならないだろう。」(お気楽なハマヲ)

と、1番A席をポチッと予約。この判断が、のちにハマヲを地獄のどん底に突き落とすことになろうとは、あたしは夢にも思わなかったのです!


***


金曜日の夜、久しぶりに大阪の部長さんと飲みに行きましたが、その夜…。

「…あれ? 身体中の筋肉が痛いような、だるいような気がする。」(ハマヲ)

飲み過ぎたかな? そう思い、特に気にせずに床についたあたし。


土曜日、朝からなんか、おなかがおかしい。昼過ぎからは熱が38度
大阪の病院は、ほとんどが午前中まででしたが、なんとか頼みこんで診察してもらったところ、インフル検査は陰性。

「まあ、食あたりでしょう。」(先生)

そのときはおなかが痛くなっても、出してしまえば落ち着いていたので、

「下痢どめは出しません。悪いモノは身体の外に出した方がいいから。」(先生)

あたしも熱の方が心配だったので、お腹の方はノーマーク。ところが、本当の地獄はここからだったということを、後から知るハマヲ…。

その日の夜、1時間30分おきに目が覚め、トイレに直行。出るモノもたいして出ないのに、おなかだけは痛くなる。それが日曜日の昼になってもおさまらなかったのです。

ヤバい! 帰りの電車の中で痛くなったらどうしよう…。

そう、大阪からハマヲ宅までは5時間30分かかります。その間、3回はトイレに行きたくなる計算になりますね。

「オムツしていくか?」(おば)

おばが入院したときのオムツのあまりがあるそうです。

う~ん、非常事態だからな~。いや、待てよ。もし、あたしが途中で交通事故か何かで病院に搬送され、緊急手術か何かでオムツをはいていることがバレたら…

「…いや、いい。」(ハマヲ)

ハマヲは、綿密な登山計画を立案するかの如く、トイレ計画を考えることにしました。



まず、第一の難関は、「実家から新大阪までの戦慄の1時間!」

乗り換えは2回、電車内にトイレは無し! 実家でトイレを済ましておけば、この難関の攻略はさほど難しくないハズだ!

ばあちゃん(あ、実母のことです。)と、おばが、心配そうに見送る中、意を決して実家を後にしたハマヲ。

大丈夫だ! ハマヲの計画にぬかりはない!

さあ、順調に思えた新大阪までの移動ですが、ここでアクシデント発生! 実家を出発する直前にトイレを済ませたハズなのに、新大阪まであと20分のところでビッグウェーブが到来!!

一体、なぜだ?!

あ、そうか! 実家ではビッグウェーブが来てからトイレに行ってたのですが、出発直前はビッグウェーブが来ないうちにトイレに行ったから、バイオリズムが狂ったのだ!!

最後の乗り換え駅はもう過ぎてしまいました。途中下車するか、新大阪までガマンするか…。ここでハマヲがとった作戦は、

「地獄のマラソンランナー作戦!」

マラソンランナーは、走っていて苦しくなると、

「あの角まで走ろう、あの電柱までがんばろう。」

と、マイルストーンを細かく設定して最後まで走り切るという話を聞いたことがあります。

「次の駅までガマンしてみよう、もう一駅だけ、行ってみよう。」(ハマヲ)

こうして、自分との闘いに打ち勝ったハマヲ、見事、新大阪に到着! 38度の熱があるのに、ダッシュで新幹線に乗り、トイレへ。いや~、ヤバかった…。

しかし、この試練はまだまだ本当の地獄へのプロローグでしかなかったのだ!!

さあ、ハマヲは無事に自宅へ辿り着くことができるのか?!


つづく。




スポンサーサイト



テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

出張お疲れ様でした。
Mixiのつぶやきをみて、心配して(ないない[笑])ました。

そうか、ハマヲさんの実家ってやっぱり大阪だったんだ、と妙なところに納得しながら読んでます。次が楽しみ。

そうそう、ジェイソンパイロン手に入りましたよ。

Ajiさん

>Mixiのつぶやきをみて、心配して(ないない[笑])ました。

いやいや、心配しましょうよ!(笑)

ジェイソンパイロンありがとうございます。
これでプライベートレーンに50cmレーンを並べられます。
次は日曜日に光が丘へ行きますので、どうぞよろしくお願いします。あ、フレームも見せてください!
プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード