FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活

2018年9月24日。

プライベートレーンで4か月ぶりのスケート。

マーキング消えてるかな?と思ったけど、15個中12個は残っていた。でもその12個も風前の灯。マーキングのし直しから始める。砂ぼこりをホウキで掃き、メジャーで正確に1.5m測り、目立たない黒チョークでマーキングするとそれだけで1時間。

基礎練からやり直すが、パラレル2本で足と脇腹がつる・・・。(泣)

スラロームってこんなに体力消耗するスポーツだっけ?

そのあと、クロス2本で休憩、スネーク2本で休憩、と2本ずつで休憩をとらなければならない始末。あと、全くスピードが出せない。転倒が恐いから。

こんなんで果たして自分のルーチンが滑れるのだろうか?と思ったら、まあ、超スロースピードなら滑れた。当然、劣化著しい状態・・・。

そのあと、今までずっと滑れなかった間、考えていた新ルーチンを試す。いや~、机上の理論通りにはいかないもんだな。体重移動のタイミングや、漕ぐ方法が思った通りになりゃしない。ケイト師匠くらいになると、イメージと実際の滑りが一致するのだろう。

こうして1時間30分で足が終わる。いろいろ凹む1時間30分だった。でも・・・


「ただいま~。」(ハマヲ)

「おかえり~。久しぶりのスケートはどうやった?」(かあちゃん)

「めっちゃ楽しかった・・・。(涙目)」(ハマヲ)

そう、夢に向かってガチにやるのはいいが、息抜きは必要だったんだ。あらためてそう痛感した。ベルトの上に乗るお腹の肉をつまみ、「夢は諦めないがスケートも音楽もたまにはやる!」そう決意を新たにした2018年の秋の夕暮れでした。

ということで、昔ほどの頻度ではないけど、この秋、光が丘にハマヲは復活します!



おしまい。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

4か月ぶりの光が丘だけどノースケート

2018年9月17日。

4か月ぶりの光が丘。

ノースケート・・・。(凹)

ホントは滑る予定だったけど、急遽、名古屋出張が入り、そのまま4泊5日。さすがにスケートは持っていけず。

相馬さんにフェスタ参加可能となったことを伝える。

「まだまだいろんな状況が落ち着かないので、当日に手伝えることならやりますよ。(MCとか)」(ハマヲ)

そしたらきょうひかに、こんな記述が。

”「フェスティバルは参加できることになりました。MCでも何でもやりますよ」よかった!”

喜んでもらえてよかった。でも、「MCでも何でもやりますよ」はニュアンスが違うぞ・・・。

とまあ、相馬さんは相変わらず。



あんちゃんも相変わらず、あたしに「ぎゅ~」ってしてくれた。実は光が丘に行く前に、うちの偉大なる大かあちゃん様が

「そろそろ光が丘に行かんと、あんちゃんがぎゅ~ってしてくれへんようになるで。」

と、恐ろしい預言をのたまわれていた。まだ間に合ってよかったよ・・・。

それにしても、ホントに癒される。ヒーリング効果は絶大。ひょっとしたらあんちゃんは、もうすでにあたしのことが好きで「ぎゅ~」ってしてくれるというよりは、疲れ荒みきったあたしが癒されているのを見て、「ボランティア」的な感じで「ぎゅ~」ってしてくれているのかも知れない。

「あんちゃんの母性が、そうさせてるのかも知れんな。」(かあちゃん)

母性かぁ・・・。年長さんだけどね。(笑)



みはなも相変わらず。14時30分に青空ギター教室の約束。でも来ないじゃん!

まあ、約束の時間通りに来たことがないので、ある程度は想定内。しばらく相馬さんの新しいミニギターで遊ぶ。一体、何台買うんだ?

30分過ぎても来ないので、さすがに電話をかけると、

「後ろにいるよ~。」(みはな)

・・・いた。

「昼寝して気づいたら14時40分を過ぎてた。いや~ ”今日は” すまないと思ってる。」(みはな)

すまなそうに見えんぞ!
しかも「今日は」だと!?

彼氏とかできたら、平気でデートの時間とか遅れて来そうだな、こやつは・・・。てか、早く彼氏作れ。



はるも15時の約束だったが、遅れてきた。しかし、はる は友達と文化祭に行ってから光が丘に来たので、まあ、勘弁してやろう。

「ママが、遅れたお詫びに塩パン持ってけって言ってたから、これ。」(はる)

はるも相変わらずだ。ちなみに、塩パン旨し!恐るべし!!

早速3人で「Lemon」の練習。はるに、ボーカルもやるように促すが、拒否るので

「じゃあ、はるは ”うぇっ!” 担当ね。」(ハマヲ)

”うぇっ!” は嫌がらないんだな・・・。

こうして普通に はるみは とギターを弾いていた頃が懐かしい。これからはもうちょっと光が丘に来れるから、青空ギター教室再開だ!



アンドリューも相変わらず。この日はアンドリューデザインのパイロンズTシャツを受け取る。パイロンと富士山がモチーフ。ウィールは目玉おやじ。フェスタはこれを着ていくぞ!

はるとアンドリューが英会話。京都の修学旅行の話らしい。はるのリスニング力はちゃんと向上しているようだ。光が丘はホントにいい環境だな。



相変わらずではなかったのは、ユキナママ。めっちゃ上達してるぢゃないすか!!
フロントクロスとバッククロスだけしか見ていないが、素直にカッコいい!と思った。女王・ゆっきーを脅かす存在になるだろうと予測。

実は、あたしはユキナパパや はる、りんちゃん、ともくん、カカロットなど、カップに参加しそうなメンバーに声をかけ、一緒に「対策検討会」みたいなことをしようと思っているが、ユキナママもスカウトしてみようかな。


ということで、次は滑る!


おしまい。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

決めの問題

ノースケート記録更新中。

カップ以来、光が丘に行ってないだけでなく、プライベートレーンでも滑ってません。そんな状態がもうかれこれ3か月。

これだけ間が開くと、相当スキル低下を起こしていることでしょう。今滑ると、滑れていた頃の記憶が残っているだけに、現在とのスキルギャップが激しくて大ケガするかも。

まだまだこの生活は続きそうです。いろいろなことにケリがつかないと、スケートをする気分にもならない。う~ん、このままトリスラから遠ざかってしまうのは寂しいんだけどな・・・。

もちろんギターもドラムも同様。でんじゃらたちと九十九里セッションやって以来、まともに演奏してません。

なんか、このままではあかん気がする・・・。ということで、多分もうこれは決めの問題なので、


何があろうと絶対に9月には光が丘に滑りに行く!!


ということにしておきます。


・・・パラレルからやり直そ。






テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

若者たちとの交流

光が丘カップ以来、滑ってません・・・。
多分、来年も滑れなさそう(泣)

しかし、スケーターとの交流はつづいています。特に若いスケーターとの交流があることがうれしい今日この頃。



ちょっと前だけど、5月5日は みはな・はる・もなと九十九里セッション。「打上花火」、「シャルル」、「悪ノ召使」などを演奏。結構その場で合わせただけなのにカタチになった。特に、もなちゃんのドラム上達度は異常に早い。後ろ姿がシシドカフカに似ていた。(笑)
そのあとは九十九里浜へ。貝拾いがツボったようだ。まあ、海ってだけでテンションは上がるからねぇ。
ホントはブログネタにしたかったけど、ちょっと書く時間がなくて断念。みんな楽しそうだったし、あたしもホントに楽しかった。企画して良かったよ。またやろう!



6月9日、相馬さんちでBBQ、チャンピオン・ゆうたと、カップの昔話やスラロームスタイルの話だけでなく、日本の景気や行く末、自分たちがいかに働いていくかなど、いろいろ語り合う。ゆうたも将来のことをしっかりと考えている感じ。
まさか、ゆうたとこういう話をする日が来ようとはね。ゆうたも大人になったな~。

相馬さんちで、ケイト師匠、ゆうたと一緒に過去の光が丘カップ動画を鑑賞・擬似審査。いや~、こういうのを見ると、滑りたいな~っていう気持ちが高まります。

「(ハマヲがやっていることを)早く終わらせて、一緒に遊ぼうぜ!」(ゆうた)

あぁ、ホントにそうしたいさ・・・。それまでゆうたにはスケートを続けていてほしい。ってまぁ、ゆうたは絶対やめないだろうけどね。(笑)



次の日の6月10日の午前中、相馬さん家で みはなとギターレッスン。実はその3日ほど前、みはなから新しい曲のリクエストがあり、しばらく光が丘には行けそうもなかったので、相馬さんのおうちをお借りしてレッスンをさせてもらったのです。さすがにコード譜を起こす時間はなかったので、Webでコードを探してレッスン。午後は九十九里に帰らないといけなかったので、昼前には終了。

そのあと、相馬さん・みはなを昼メシに誘うが、相馬さんは食べないとのことなので、みはなとビッグボーイへ。トシは離れていても話はつきません。はたから見たら普通に親子だろうね。

しかし、まさか みはな が中3になるまで縁があるとはな・・・。みはなとランチしながら、はるとみはなが20歳になったら飲みに行くぞ! と約束。それまで、細々とでいいから滑りに(あるいはギター弾きに)来てほしいものです。



6月16日、さきぽんとサシ飲み。さきぽんは、あたしをこの世界にどっぷりと浸からせた張本人の一人。さきぽんが小学生のときに、20歳になったら飲みに行こう!と約束していました。まさか本当にその約束が果たせるとはな・・・。

「私の人生の半分、ハマヲさんとは知り合いってことになります。」(さきぽん)

やはりトシは離れていても話はつきません。大学のこととか、スケートのこととかいろいろ。会社の愚痴まで聞いてもらったさ~。(笑)

さきぽんが言ってくれた、「ハマヲさんの滑りはどこか私に似ている。そんなハマヲさんが今回の光が丘カップでベスト4に入ったのは、師匠としてはうれしい。」って言葉、すごくうれしかった。あたしの滑りなんて、さきぽんの足下にも及ばないことはよくわかってるけど、その言葉、誇りにしよう。



6月27日、ケイトくんと大阪でランチ。ここ数年ご贔屓にしていただいているお客様の大阪支社が、なんとケイトくんが勤めているビルと同じなので、大阪出張のついでにちょっと会おうということに。本当は飲みに行きたかったのですが、ちょっとあたしの都合がつかず。

スケートのこととかいろいろ話しましたが、やはりトシは離れていても(以下略)。
みなもりでよく、まーくんに会うと聞いてビックリ。

ケイトくんも、やはりあたしをこの世界にどっぷりと浸からせた張本人の一人。さきぽんに「ハマヲさんも光が丘カップに出なよ!」と、かたくなだったあたしの扉をこじ開けられ、ケイトくんに「ハマヲさんのできるトリックだけでルーチン作ってあげますよ。」と逃げ道を塞がれてからもう10年経つのか~。(笑)

まさか、そのケイトくんが社会人になるまで縁が続き、しかも光が丘から遠く離れた大阪の地で会うことになるとはね・・・。



こんなにトシの離れた若者たちと付き合いがあるのも、スケートならでは。あたしもなるべくスケートは続けよう。

さあ次は、あと4年後に ともくん と飲みに行きます!

そして十数年後には、りんちゃん・あんちゃんとも飲みに行ける日が来ると、すごくうれしいんだけどね。(笑)



おしまい。










テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

光が丘カップ2018~光杯に10年連続出場しました~ その9

13.おまけ


普段、あたしのことをおやじ扱いする会社の女子たちに、唯一、若さをアピールできる機会が光が丘カップ。今年もホームページに動画がアップされたので、やつらに見せびらかそうと、虎視眈々と辺りをうかがっておりました。

特に今年は、男子シニア賞。日本で最大規模のトリックスラロームの大会で、40歳以上で1位ということですので、競技人口が極めて少ないことをあまり知らない あいつら には、十分自慢できるだろう。

・・・って、そんなときに限って、女子たちがいません。

オフィスを見回すと、その日はおっさんばかり。仕方ない、おっさんたちに自慢すっか。


「へぇ、ハマヲさんにこんな特技があったんですね。すごいじゃないですか!」(おっさんA)

「若々しいですね。うらやましい!」(おっさんB)

「全体でも4位ですか。大健闘ですね!」(おっさんC)


・・・まあ、おっさんは大人だから、それなりに褒めてくれます。たとえ相手がおっさんでも、褒められるとうれしいものですね。

でもやっぱ、なんか物足りない。

すると、営業の A姐さん(20代)がやって来ました。そして おっさんCと商談打合せ。よし、終わったら自慢話を聞かせてやろう。

・・・なかなか終わりません。

その間、別の営業の lちゃん(20代)からあたしに電話。よし、電話の用件が終わったら自慢話を聞かせてやろう。


「ハマヲさん! 例の商談、内示をもらえましたよ!」(lちゃん)

「・・・まじで!?」(よろこびのハマヲ)


ダメかも、と思っていた商談で、以前、一度敗れたことのある競合他社との一騎討ちだったのでもう、うれしくて。営業の Iちゃんとの会話が弾みます!

で、電話を切ったあと・・・しまった~っ! 自慢話すんの忘れてた~っ!!

わざわざかけ直すのもねぇ。仕方ない、 A姐さんがまだいるからいいや・・・って、いないじゃん!!


「ああ、打合せが終わったから、席に戻りましたよ。」(おっさんC)


え~~~ onz


と、がっかりしていると、おっさんDとSちゃん(40代)からお昼のお誘いが! よし、ランチ中に自慢してやろう。

行きつけの定食屋に向かう途中、運動不足がどうのこうのという話題になったので、これはチャンス!


「実は、先日の日曜日にインラインスケートの大会があって、40代以上で「あ、ここの鰻屋、美味いんだよ!」1位に・・・(割り込むおっさんD)


・・・。


鰻の話に持っていかれ、そのまま「最近食べてないけど、すげ~食べたいモノ」という、超・どうでもいいトークに流れ、自慢する機会を失うハマヲ。


ランチから帰ってくると、またA姐さんがやって来ました。


「ボールペン忘れちゃって・・・。」(A姐さん)

「よかったですねぇ、ハマヲさん。これで自慢できるじゃないですか。」(おっさんC)

「え~、なんですかぁ?」(A姐さん)

ふっふっふっ。聞いて驚け!



「実は、先日の日曜日にインラインスケートの大会があって、40代以上で「あ、その前にさっきの打合せでいい忘れたことがありまして」1位に・・・(割り込むおっさんC)


おいっ!(怒)


「すみません、すみません。大事なことだったので、忘れないうちに伝えとかないと、と思って。」(おっさんC)

「で、なんですかぁ?」(A姐さん)

「・・・いや、もういいです。」(ハマヲ)

「ハマヲさん、せっかくおめでたいことなんだから。」(おっさんC)

それをさえぎったの、あんただろっ!

「え~、なんですかぁ? 気になるじゃないですかぁ。」(A姐さん)


ここで機嫌がなおったハマヲ、


「そんなに知りたいかね!?」(ハマヲ)

「えぇ、まぁ。」(A姐さん)

「そんなにあたしのことを深く知りたいかね!?」(調子に乗るハマヲ)

「いや、別にそこまでじゃないですけど・・・」(A姐さん)

「もう、はよ言うた方がいいっすよ~。」(おっさんC)

「じゃあ、教えてしんぜよう。心して聞くように!」(ハマヲ)

「・・・はぁ。」(ウザがっているA姐さん)

「実は、先日の日曜日にインラインスケートの大会があって、40代以上で「ハマヲさ~ん、お電話です!」1位に・・・(割り込まれるハマヲ)


・・・。 onz


わざと!? ねえ、みんなわざとやってない!?


電話が長引き、すでにA姐さんはいませんでした。


「A姐さんに、言っといてくれた?」(ハマヲ)

「いや、そういうのは本人から言わないと。」(おっさんC)


結局、おっさんたち以外には自慢できず。そのあともあたしは社外勤務が続いたので、完全に自慢するタイミングを失いました。


やはり、「自慢したいなら、来年もがんばれ!」という神様の思し召しなのでしょうか。

・・・がんばろ。


てことで、今年もだらだらと長い光が丘カップ報告にお付き合いくださったみなさん、本当にありがとうございました!



おしまい。







テーマ : マイナーなスポーツ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

九十九里ハマヲ

Author:九十九里ハマヲ
写真提供:あらたさん

  
水泳にハマりました。でも、行きつけのスポーツクラブの急激な値上げのため、やめました。

クロダイ釣りにハマりました。でも、めったに釣れないのでやめました。

木工にハマりました。でも、作ったものを置く場所がなくなってきたのでやめました。

スポーツカイトにハマりました。でも、競技人口が少なく、仲間がだんだん来なくなったので、寂しくなってやめました。

インラインスケート(スラローム)にハマりました。技が多彩で奥が深く、何より、たくさんの仲間と出会えました。

いつの日か滑れなくなってしまうその日まで、あるいはもっと打ち込めるものに出会ってしまうその日まで、今はただ、

ウィールにのって、いけるとこまで・・・。


光が丘カップ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。